雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

海外の個性的な車を理解できない日本人

投稿日:2014年11月4日 更新日:

輸入車の使い方やその考え方を理解することによって納得することができることがある。たとえば、日本で多いクレームがライトの球がすぐ切れる、といった類のものだが、日本ほどゴーストップの多い国というのは他にそうはない。欧米人にとってヘッドライトというものは、一度つけたら目的地に着くまで消さないものであり、それを考えた明るさや寿命、そしてスイッチの使い勝手とされているし、しかも日本人のように信号待ちで停車するたびにライトを消すという国も、一部のモータリゼーション後進国を除けばまずない。

ところがご存じの通り日本では違う。発進停止の時にすぐにつけたり消したりできるように、スイツチは便利な手元に置く。つまりライトは頻繁に点滅するもの、という前提で作られているし、配線や接点類の寿命もそれに合わせて考えられている。しかし、欧米では途中で他のスイッチと間違えてライトを消してしまったりすることがないように、わざわざ手の届きにくい場所に設けてあるくらいなのである。

最高の性能、最高の乗り心地、最高の実用性、最高のスタイル、最高の楽しさ。輸入車の個性は、消費者への迎合と妥協をせず、信じるところに従って作られた、ある種の頑固さに依拠している。
国ごとの文化を反映させながら、しかもメーカーごとに突出した哲学や信念が主張されているからこそ、輸入車は魅力的なのだ。

車の買取査定を上げる色々なポイント

すべての場面で最高の相棒とは限らない

個性の強い存在は、人であれ、ものであれ、すべての場面で最高の相棒とは限らない。スターに離婚が多いのに得心がいく人は多いはずだ。こうした輸入車とつきあうためには、愛が必要。最高のエンターティナーが、イコール最高の人生の伴侶とは限らない。そういう伴侶と生活するためには、時に理不尽なヒステリーや思惑のすれ違いを許容できる、愛が必要なのだ。

みんなが欲しがる人気車だから、という理由ではなく、自分の価値観やセンスに合ったから、という理由で選び、愛してやれれば、それに越したことはないのだ。長らく丈夫で長持ちして、文句を言わない女性が人生の伴侶としてふさわしいとされてきたこの国では、惚れて愛して、わがままも受け入れられるだけの相手の長所を見いだす訓練が、決定的に欠けていた。せっかく輸入車に乗りたいと思うのなら、それを面倒と思わず、きちんと愛してみてほしいと思う。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

初めて行く自動車販売店にはアポを取ってから行こう

いろいろな情報を得るためには、まずアポを入れてから出かけよう。忙しいのか、質問してもなしのつぶてで、ちょっとおざなりにされている感じがするなんて場合がある。せっかく車を買おうと販売店をまわっているのに …

no image

メルセデスと欧州フォード、ここまで違う価格差

~メルセデスと欧州フォード、ここまで違う価格差~ コンパクトなクルマは排気量の小さなエンジンを積んで装備もシンプル、価格も安い。そのために日本車の価格は、排気量の区分によって明確に分けられる。大雑把に …

no image

トヨタパッソの評価-価格とのバランスが良い使える一台

トヨタパッソは、低価格で生活道具に徹した超お買い得実用車。1000ccのコンパクトカーだから、走行性能は期待できないが、居住性に不満はない。視界に優れ、取りまわし性は良好で、生活のツールとして大変使い …

no image

自転車の良いブレーキとは

良いブレーキとはブレーキ・ペダルを軽く踏んだだけでよく効くブレーキの効き(制動力)が常に比例関係にあることが第一です。安全上、スピードが出る車になればなるほど、ブレーキの効きが重要になっていくことは当 …

no image

輸入車は燃費が悪いとは必ずしも限らない

たしかに、ちょっと前のアメリカ車などは、燃費なんて概念もあまりなかったかもしれない。 しかし、ヨーロッパでは昔から、より少ない燃料でたくさん走れるようにしようという姿勢はあった。現在では、ひと昔前では …