雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

コルトプラスの評価-ベース車のメリットを希薄にしているモデル

投稿日:2015年1月24日 更新日:

三菱コルトプラスは、ベース車のメリットを希薄にしているワゴン風モデル。コルトと共通部分が多く、フロントマスクからリヤ側のドアまでは同じ設計。さらにルーフも共通でリヤゲートのヒンジの位置も変わらない。5ドアハッチバックのコルトをベースに造られたワゴン風のモデル。

まず、リヤシートの座面は奥行が短く5ドアハッチバックを35mm下まわる。加えてリヤシートの取り付け位置が30mm低く、25mm前にせり出す。その結果、着座姿勢と足元空間の両方に不満が生じた。座面のボリューム感も不足気味で、コルトに見られる優位性が感じられない。

リヤゲートを後方に張り出させることで、全長の300mm拡大に対応した。5ドアハッチバックのコルトは、同クラスのライバル車に対して居住性が優れている。特にリヤシートは足元空間が広く、見晴らしも良いから快適だ。ところがコルトプラスではこのメリットが希薄になってしまう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

走行性能にも不満が残る

走行性能にも不満が残る。5ドアハッチバックに比べると硬めの設定で揺り返しが抑えられ、操舵時の正確性も向上した。しかしコーナリングの最中にアクセルを閉じるといった操作を強いられると、ワゴン化に伴う荷重配分の変化で後輪の横滑りを誘発しやすい。

セパレートタイプのフロントシートには改善を加えて座り心地を高めたので、リヤシートでも5ドアハッチバックの水準は維持して欲しい。ターボモデルのラリーアートでもこの特性は感じるが、専用の補強を加えて改善した。さらに硬めの設定で乗り心地は少々コツコツするが、バランスは悪くない。

装備の充実度はかなり高いが、居住性はいまひとつ。走行性能と取りまわし性の低さが目立つ。ベーシックなコルトプラスにもこの設定を反映させて欲しい。コルトプラスでは、全車に電動式リヤゲートを装備。使い勝手を向上させている。この点を踏まえれば、価格は割安だ。ただし、リセールバリューは高くない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

危ない運転姿勢のドライビングは今すぐやめよう

今まででいちばん驚いたのは、ガソリンスタンドで洗車の仕上がりを待っていたときに聞いた、常連らしき男性と店員との会話である。 声の主を見たら、50歳ぐらいの男性だった。「オレなんて、高速乗ったらあぐらか …

no image

ヴィッツの足回り-後ろ脚のふんばりが足りず腰砕けに

ヴィッツは欧州でヤリスの名前で販売されていますが、悔しいのは、こちらのサスペンションは実に感触のいい仕上がりで、ヴィッツとは違うクルマに仕上がっています。ヴィッツはパッケージング以外は平凡なクルマです …

no image

乗り心地のフィーリングテスト

乗り心地だけにそう長時間かけるわけにはいかないと思います。そこで、乗り心地を手早く評価する方法を使ってみましょう。あらかじめ近所のどこかに二〜五センチぐらいの路面の段差か、かまばこ状の突起を探しておき …

no image

道路建設のように公益性の高い場合

公益か私益かという問題は非常に複雑、微妙ですが、道路建設のように公益性の高い場合は、ある程度の個人の権利の制約はやむを得ないように思います。例えば、多数の利便性のために必要な施設を造ろうとして莫大な税 …

no image

プリウスのエンジンの仕組みを紹介

プリウスは専門的に言えば、このハイブリットはシリーズ型とパラレル型の中間的なものとなる。シリーズ型とはエンジンで発電機を回してモーターで駆動するもの。これだと変速機などの駆動系が必要ナシで、機関車や大 …