雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

コルトプラスの評価-ベース車のメリットを希薄にしているモデル

投稿日:2015年1月24日 更新日:

三菱コルトプラスは、ベース車のメリットを希薄にしているワゴン風モデル。コルトと共通部分が多く、フロントマスクからリヤ側のドアまでは同じ設計。さらにルーフも共通でリヤゲートのヒンジの位置も変わらない。5ドアハッチバックのコルトをベースに造られたワゴン風のモデル。

まず、リヤシートの座面は奥行が短く5ドアハッチバックを35mm下まわる。加えてリヤシートの取り付け位置が30mm低く、25mm前にせり出す。その結果、着座姿勢と足元空間の両方に不満が生じた。座面のボリューム感も不足気味で、コルトに見られる優位性が感じられない。

リヤゲートを後方に張り出させることで、全長の300mm拡大に対応した。5ドアハッチバックのコルトは、同クラスのライバル車に対して居住性が優れている。特にリヤシートは足元空間が広く、見晴らしも良いから快適だ。ところがコルトプラスではこのメリットが希薄になってしまう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

走行性能にも不満が残る

走行性能にも不満が残る。5ドアハッチバックに比べると硬めの設定で揺り返しが抑えられ、操舵時の正確性も向上した。しかしコーナリングの最中にアクセルを閉じるといった操作を強いられると、ワゴン化に伴う荷重配分の変化で後輪の横滑りを誘発しやすい。

セパレートタイプのフロントシートには改善を加えて座り心地を高めたので、リヤシートでも5ドアハッチバックの水準は維持して欲しい。ターボモデルのラリーアートでもこの特性は感じるが、専用の補強を加えて改善した。さらに硬めの設定で乗り心地は少々コツコツするが、バランスは悪くない。

装備の充実度はかなり高いが、居住性はいまひとつ。走行性能と取りまわし性の低さが目立つ。ベーシックなコルトプラスにもこの設定を反映させて欲しい。コルトプラスでは、全車に電動式リヤゲートを装備。使い勝手を向上させている。この点を踏まえれば、価格は割安だ。ただし、リセールバリューは高くない。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のエンブレムを確認しなければ分からない日本車

日本のクルマは、エンブレムを確認しなければ、どのメーカーのものかわからないようなクルマも少なくありません。中身を見ても、同じメカニズムのサスペンションを持ち、似たような作りのシートを装着し、エンジンの …

no image

インフラ整備の三本柱によって事故を減らしていく

自動車の実験研究は、エンジンに関しては戦前から行われていましたが、シャーシや車体関係については車を走らせて耐久性をチェックする耐久走行試験が行われていた程度で、実車では応力測定ですら行われていませんで …

no image

車への風による影響

今日では、日本の道路を法定速度の毎時六〇キロメートルで走っていて安定性が問題になるような車はありません。しかし、もっとスピードを上げると、安定性が下がってきます。 外力が車にかかる位置も、それによって …

no image

車の乗降性の悪さは致命的-購入の前に十分に調べておくこと

年齢を重ねると、人間は誰でも身体が硬くなります。若い人には何ら気にならない行動でも大きな負担です。今でもときどき見かけることですが、クルマから、高齢者が転げ落ちるように降りてくることがあります。これは …

no image

車にできるサビ-修理しないといけなくなる前に予防策を

クルマは見えないところから傷んでくる。サビは金属が露出しているところから広がっていくものだから、これくらいなら大丈夫などと決めつけず、塗装がはがれたところを市販のタッチベシで塗るなどの対処をしよう。塗 …