雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

梱包をする際の注意点

投稿日:2015年5月14日 更新日:

梱包の際には、発送する商品に間違いがないか、納品書やネットショップ案内などの書類を封入したかなどの確認を必ず行います。また、どんなに厳重に梱包しても、絶対に壊れないという保証はありません。発送時には保険をかけるようにしましょう。

緩衝材やダンボールのほかにヒモやビニール袋、包装紙などを使い、丁寧に梱包しましょう。丁寧に梱包することが基本商品梱包は商品が傷つかないようにすると共に、見栄えよくきれいに梱包することも大切です。緩衝材として新聞紙を利用するケースもありますが、商品自体は別のきれいな紙や袋で包装し、清潔な状態で届けられるように配慮しましょう。

・緩衝材を詰める際、髪の毛やゴミが入らないように注意する
・水に弱い商品を発送するときは防水対策もしっかり行う
・緩衝材は最終的にゴミになるので必要以上に使わないように注意する
・商品を入れるダンボールは商品より2回りほど大きめのものを用意する
・箱に商品を入れる場合、左右に偏らないようにし、重い商品を下に入れて安定させる

なるべく手数料の安い配送業者を利用

代金引換の場合は手数料が発生しますが、この料金は顧客に負担してもらうのが一般的なので、なるべく手数料の安い配送業者を利用した方がよいでしょう。配送方法を考える際、商品代金の決済方法との関連も考慮する必要があります。たとえば、決済方法として代金引換を導入したい場合、それに対応した配送業者を選ぶ必要が出てきます。

・ギフト商品をラッピングする

ギフト向けのラッピングサービスを用意しておくと、誕生日やクリスマスといったギフト需要にも対応することができ、売上アップにもつながります。ラッピングといっても、必ずしも高級な包装紙を使う必要はありません。安価なラッピング用品でも、工夫次第でセンスよく仕上げることは可能です。

・商品の配送方法はどうするか

商品を仕入れるのと同様に、桐包に必要な緩衝材やダンボールなどの資材もまとめて仕入れることでコストを抑えることができます。業務用の梱包資材を取り扱い、個人業者に対して販売している卸業者もあるので、利用してみましょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

自分でできるSEO対策-キーワードの選定方法

SEO対策のキーワードの選定方法を具体的に解説していきましよう。 たとえば、浅草でお茶の販売業を営んでおり、ネットショップを開業したケースで考えると、地名である浅草東京は、必須のキーワードとなるでしよ …

no image

インターネット上の出店コストは実店舗とは比べ物にならないほど少ない

インターネット上の出店コストは、実店舗とはまったく比べ物にならないほど少なく、パソコンとインターネットに接続できる通信環境さえあれば、とりあえずホームページを開設して店を開くことが可能だ。このハードル …

no image

広告キャンペーンを考えよう-目的、指標、コミュニケーションプランなど

・目的、指標、コミュニケーションプランをもとに広告キャンペーンを考える やはり継続していくなかで、効果を検証し、プランを再検討して、実行していくという不断のチューニングが求められることを理解することも …

no image

商品表示を不当なものにすると法律にかかることも

~不当な商品表示~ ネットショップの商品説明ページなどで、商品品質を優良であると表示したり、競合他社よりも有利に書いておきながら、同一のものであるなど、消費者を誤認させる表示を禁止しています。こういっ …

no image

ネットショップ立ち上げ時に必要となるメニューなど

ネットショップに必要なコンテンツを以下に紹介します。 ・固定メニュー 他の部分のカラーとは変えて入れておくといいでしょう。固定メニューはWebページの縦・横両方に用意しておくのがベターです。ここで重視 …