雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

コンパクトカーにスポーツタイプは必要か?

投稿日:2015年4月20日 更新日:

自分はコンパクトカーで十分、あるいは小さなクルマのほうがいいという熟年世代も増えています。子どもが成人して家を離れ、夫婦二人の生活になった、クルマもコンパクトカーでいいというユーザーも少なくありません。
日本車全般に言えるのは、年輩層にも満足してもらえるような乗り味、上質なグレードのものが少ないということです。なかには、リタイアした後、自分たち自身への褒美の意味で、せめてクルマくらいは、少しは賛沢をしてもいいだろうと考える人たちもいるでしょう。

こういった人たちのたの、上質でしっとりした走りのコンパクトカーが少ないようです。実際にこれと思うクルマを見つけて試乗してみたところ、クルマとしての機能もサイズも気に入った、けれど、ゴツゴツした乗り心地で硬くなった体にはつらい、できればもう少し質感の高いグレードが欲しい。こんな声をよく聞きます。その結果、小さなクルマでいいと思いながらも、仕方なくサイズの大きなクルマを買い、扱いにくさを我慢しながら乗り続けるということになります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

コーナーでもじわりとふんばる脚

例えば、路面の凹凸をしなやかに乗り越え安定走行を保ち、コーナーでもじわりとふんばる脚を持ったコンパクトカーで、キャビンは木目と革を組み合わせて質感の高さを演出している、こういったクルマがもう少しあってもいいように思います。また、日本のユーザーが声を出さないことや、媒体で高い評価を得たいため、メーカーはどうしてもモータージャーナリストや自動車雑誌のほうを向いてクルマ造りをする傾向にあります。クルマ雑誌のなかには、サーキット1周何分何秒などというデータを重視し、その優劣でクルマを評価するようなところもあります。

そこで高得点をとるには、サスペンションを固め、扁平率の低いタイヤを履くのが手っ取り早い方法です。日本車はクルマ関係のマスコミ、雑誌などの影響を未だに強く受けています。そのため、スポーツ性重視になり、サスペンションも堅くなりがちです。クルマ雑誌には若い編集者が多く、良いクルマ=速いクルマという図式でとらえがちです。しかし、多くの一般ユーザーはスポーツ性重視ではなく、乗り心地重視なのではないかと思います。このあたりを見直してほしいところです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の値引き率がたとえよくてもローンは避けたほうがいい

昔は、ローンを組むと、車の所有者がディーラーになるため、車体に大きなトラブルなどが発生したときに、よりたしかな補償が受けられた。けれども、いまはそういうメリットも少ないので、ローンは結局損なのだ。 現 …

no image

試乗の際のチェックポイント

クルマを試乗する場合、乗り味、乗り心地はどうか実走行して、そのクルマが自分に向いているかどうかを確認します。 シートのサイドサポートが大きすぎると乗り降りの邪魔になり、小さいとコサでしっかり体を支えて …

no image

カーステレオと一緒にスピーカーを変えたほうがいい理由

~変えるならスピーカーも一緒に変えよう~ 最近は前後の音量を調節できるステレオも多いので、自分好みの音空間ができあがるというわけだ。ウーハーと呼ばれる大型スピーカーをつけられれば、重低音の厚みも立体感 …

no image

トヨタはエセ○○を作るのは上手い

トヨタはエセ○○を作るのは上手い。エセ○○作りをする限りトヨタのニューカーのアイデアは枯渇しない。しかし、本当にそれでいいのだろうか、と語るある専門家。トヨタはBMW3シリーズに目をつけた。そして生れ …

no image

パワートレインを搭載した2012 K5を発売

起亜自動車が新規パワートレインを搭載した「2012 K5」を発売した。初お目見えした「2.0ターボGDi」ガソリンモデルに続き、最先端の横に2.0 LPiエンジン(既存のシータ2.0 LPiエンジン) …