雑学

コンビニのおでんっていつ具材などを入れ替えているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミレス業界内でも

コンビニのおでんっていつ具材などを入れ替えているの?

コンビニのおでんの入れ替えはいつなのだろうか?コンビニのおでんといえば、冬に食べたくなる、身体が温まる人気の商品。レジの横に置いてあるので、レジに向かう際に、ついつい買いたくなってしまうという方も多いはず。コンビニのおでんは、いつでも同じ味で、いつ食べても美味しいが、店員さんがおでんの入れ替えをしているところを見たことがないという方も多いかもしれない。

だし汁を取り換えているところすら、あまり見かけないが、コンビニエンス・ストアのレジ付近で売られるおでんの具材、売れるまで煮込み続けられているのだろうか。コミュニティ・ストアでは、最終的には、煮崩れしていないかどうかなどを見て、店員が判断します。実質的な判断は現場に任せているようで、賞味期限は具材によって、たとえばはんべんなら3時間、こんにゃくなら24時間という目安を設けています。煮汁の入れ替え時も同様ですと言う。

ローソンでは、期限は、鍋に入れてから12時間とのこと。つゆの入れ替えは1日に2回程度です(ローソン広報)。もっとも、実際は12時間も鍋に残っている具材は、ほとんどありませんが。

お客にスープも提供する為、随時スープのつぎたしも行っており、1日3回は、鍋を洗浄し、新しいスープに作り替えを行います。深夜廃棄、朝のセンター便の品出しが終わったら煮込み初めるよう。24時間営業で、その“24時間”の間に、2回はつくり替えるという。。

一番おいしい時間帯というものがある

具材によって違いますが、鍋に入れてからの、一番おいしい時間帯というものがあるんです。もちろん、つゆもちゃんと替えていますよ。そしてもちろん、賞味期限はあります。も具体的な時間は、企業秘密です。しも賞味期限を過ぎてしまったら、期限切れ、として、新しいものと入れ替えます、と言うのは、コンビニおでんの先駆け、セブン-イレブンだ。

補充するときに時間を控えてあります。仕切りや並べ方で店員が見れば判るようになっています。それぞれの具材に時間が決まってますから、その都度廃棄します。

期限切れのおでんは、各社とも廃棄しますとのこと。共通しているのは、基準がまずくなる期限や腐る期限ではないという点ではあるが、具材によって期限が違ったり一律だったり、店員の判断だったりと、コンビニによってかなり差があるようである。見栄えも含めてベストの状態が過ぎれば、それで期限切れなのだ。予想通りながら、やっばりちょっともったいない気もする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加