雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

顧客データの管理やメールマガジンの機能

投稿日:2015年2月14日 更新日:

ここでは、ネットサイト運営に必要な事柄を紹介します。

・顧客データの管理とメールマガジンの機能

顧客をニーズ別やタイプ別に分類し、それぞれのタイプに合わせて、メールマガジンを発信したり、期限付きの商品やサービスの場合は、近い将来期限が切れる旨を伝えるリマインドメールを送ったりするなど、ユーザーのニーズや心理に合わせたコミュニケーションができれば、売上向上につながる可能性が高くなります。リピーターを増やすことは安定的なオンラインショップを経営するうえで必須の条件であり、顧客データの管理は非常に重要です。

・ログ解析ツール

ASPサービスにあらかじめログ解析の機能がついている場合は、質の高いログ解析が可能かどうか確認をとるとよいでしょう。ユーザーがどのようにショップを利用しているか、また機会損失をしているのはどの場所なのか、人気商品を購入しているユーザーはどこから来ているのか、どんな検索キーワードで来訪しているのか、といった情報を知るうえでログ解析ツールの実装は必須です。

現在の問題点や課題点は何なのか、どの部分を強化していくべきか、またどのような弱点を補っていくべきか、といった現状認識とその改善を図ったり強化することは、オンラインショップを成長させるうえでとても重要です。

トリガーとなるコンテンツを用意する

実際に使ったユーザーの声は、メーカーやブランド側のどんなメッセージよりも説得力があります。ユーザーアンケートの結果だけでなく、より具体的なユーザーの感想を掲載しましょう。バーゲン品は、お得感を感じて購入のきっかけをつくるために、とても有効な手段です。人気の商品ランキングを掲載することにより、人気商品について興味を喚起させることが可能になります。

リピーターを育てライフタイムバリューを高めることを戦略として考えているのであれば、購入障壁を低くし、まずは購入してもらえるような施策を考えることが重要です。明確な購入目的をもっていない多くの訪問者に対して、購入したいという意識をいかに芽生えさせるか、購入のきっかけをつくるということが重要になります。購入することを決めたうえで訪問してくるユーザーは限られています。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップで未払いを繰り返す常習者たち

問題なのは、常習者たちによる故意の未払い。最初から商品の代金を支払うつもりがないため、メールでの請求程度では効果が期待できません。損失額が数千万円程度の場合には、ショップ側も追及する時間と労力を天科に …

no image

ランディングページ最適化の方法について

・ランディングページの最適化の方法について ユーザーのニーズとランディングページの情報をマッチさせるバナーやリスティング広告をクリックしたユーザーは、何かしらの目的や興味、期待をもってランディングペー …

no image

ホームページのトップページレイアウトを考えよう

~トップページの構成~ 一般的なトップページの構成では、あなたの商品やサービスがいかに優れているかを明快に訴えるとともに、どのような情報、コンテンツをもっているかをわかりやすく伝えることが必要です。ト …

no image

アフィリエイトを始める前に知っておきたい色々な基本

アフイリエイトは広告ですが、企業やネットショップは、自らの商品を広告としてASPに出稿しています。よって、ASPは報酬発生の計算や支払いまで両者の仲介役となって、アフィリエイトのサービスを提供するので …

no image

ホームページ作成ソフトでショップを作るのがおすすめ

ホームページ作成ソフトは、初心者向けのものから上級者向けのもの、ネットショップ作成に特化したものなど、さまざまなタイプが発売されています。ネットショップを簡単に作るには、やはり市販のホームページ作成ソ …