雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国際法がなぜ不適切とされるか-ミサイル危機で例証された原理

投稿日:

二〇〇年前、トマス・ジェファソンはニューオーリンズを何としても手に入れたいと考え、ここを手放そうとしないフランスの反抗的な態度を厳しく非難した。我々が平和を愛し富を追求するのは、崇高な動機があるからだ。フランス人の気質は、我々とは永久に相容れない状態にある。ジェファソンは警告した。かつてはイギリスの支配から植民地を解放する上でフランスが果たした重大な貢献が、この国に対する彼の姿勢にも反映されていた。フランスが反抗するので、我々としてはイギリスの艦隊と国民と手を結ぶ必要があると、ジェファソンは以前とは態度を翻して警告した。

国内法もまた不要だと宣告された。指導原理ミサイル危機で例証された原理を見れば、国際法がなぜ不適切だとされるかがわかる。ハイチが、支援の手もなく、あらゆる方面から反対されたまま独立闘争を始めたおかげで、フランスの反抗はまもなく終わったが、指導原理はそのまま継続され、敵と味方を見究める鍵となった。彼らの行動はいずれも、我々の中立遵守法に抵触するとは思われず、その法律は明らかに今日の世界に存在するような状況を想定したものではない。

にわかに驚くほど危険になったわけではない

世界は9・11を境としてにわかに驚くほど危険になったわけではない。ラテンアメリカの将校に訓練を施し、任務を遂行させることで有名な米州軍学校は、そのセールスポイントとして、米軍が解放の神学を打ち破る手助けをしたと誇らしげに発表している。国際テロの成果は、殺菌ずみの歴史からは抹あの事件後急に、国際法と制度を廃止し、ホワイトハウスに国内法の支配を無視する権限を付与するような新しいパラダイムが必要になったわけでもない。

消されているが、犯人たちはそれを誇りに思っている。ロバート・ケネディ司法長官は一九六一年に、ピッグズ湾侵攻はアメリカの中立遵守法に違反すると判断した弁論趣意書を却下し、アメリカが指揮した部隊は愛国的だったと断定した。解放の神学とは、貧者を優先する方針を採用したためにラテンアメリカ教会が屈服した異端の説で、正しい秩序から逸脱したせいで自らのこの世の恐怖に苦しまなければならなくなったとされるものだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

マルコスがもはや政権を維持できなくなるまで支持していた

お気に入りのよい共産主義者が抹殺されるとすぐ、米国政府は恐ろしい重荷がルーマニアから取り除かれたと宣言し、同時にサダム・フセインに対する融資の禁止を解除した。それはアメリカの輸出を増やす目的を達成し、 …

no image

アフリカはヨーロッパ人に譲り再建のために利用させればいいと勧告

イギリスの政策担当者は一九四七年にこの地域の鎌を世界に響力を及ぼすか、優勢を誇る関心のある大国にとって、この上なく大切な褒賞と表現した。アイゼンハワーは後に、世界戦略上の最重要地域と呼んだ。イギリスも …

no image

レーガン、ブッシュの時代には実質賃金は横這い状態のまま下降

レーガン、ブッシュの時代には、実質賃金は横這い状態のまま下降し、それと共に社会保障給付金も下がった。その一方で、労働時間は増加した。経済成長が見られても、それは圧倒的に富裕層を潤し、五〇年代、六〇年代 …

no image

新旧ヨーロッパの各国政府は単純な基準により区別されていた

民主主義をふりかざす姿勢は、二〇〇二年秋に戦争のための動員がかけられた頃、珍しくあからさまに示された。大衆からの圧倒的な反対の声に、何とか対処しなければならない事態になったためだ。イギリスでは、国民は …

no image

侵略される国の国民に対し戦争がもたらしうる結果に関心を示さない

制裁体制を弁護する側は、悲惨な状況はフセインのせいであると主張し、国連決議に対する完全な順守を拒否した上、自身の宮殿や記念碑を建設するなどしたためだと主張した(国連の人権調整官と世界食糧計画の証言によ …