雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた

投稿日:

二〇〇二年九月に、国際法の新たな規範を築くのに必要な三つの要因の全てが出揃っていた。双方の軍事力には歴然とした格差があったので圧勝は間違いなかった。事態がうまく運ばない可能性は常にあった。しかし、少なくとも侵略する側に、そんな心配は無用だった。イラクは無防備であり、きわめて重要な相手で、我々の存在そのものへのさし迫った脅威となっていた。勝者は自らの犯罪など調査しないのであり、だからそうした犯罪についてはほとんど何も知られてはいない。

戦争犯罪と人道に対する罪の運用上の定義は、単純なものだった。第二次世界大戦後の戦争犯罪裁判でも、同じ原則が適用された。インドシナにおけるアメリカの戦争による死者数は、何百万人単位という不確かさのままだ。これはまず例外のない原則である。不都合な事態になれば、調査しなければいい。人道上の問題が生じてもサダム・フセインのせいにすることができた。少なくとも過去の事例を見る限り、証拠は残らなくなる。

都市部の民間人密集地域の破壊は除外された

都市部の民間人密集地域の破壊は除外された。この原則はその後も法廷で適用されてきたが、敗北した敵か軽蔑しても差し支えない相手に対してのみだった。犯罪が犯罪と見なされるのは、それが連合国軍ではなく、敵によって実行された場合だけなのだ。国家安全保障戦略の発表は、イラクが最初の実験台であり、最後ではないことを示す合図だったと、ニューヨーク・タイムズ紙は報じた。イラク侵攻の成功が宣言されると、この戦争を始めた動機の一つが、帝国の壮大な戦略を新しい規範として確立することだったと公式に認められた。

政府のある高官は、我々は一国で行動することも辞さない。必要となれば、先制攻撃によって自衛する権利を行使すると述べた。イラクをペトリ皿微生物培養用として先制攻撃政策の実験が進められた。イラクにおける武力行使は規範を作るためのものであったことに、世界の国々は充分に気づいていると、ハーヴァード大学の中東史学者ロジャー・オーウェンは述べた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

エスニシティは不可避的に戦争につながる不変の事実というわけではない

旧ユーゴスラヴィアは2極構造の世界で独立を維持すべく団結していたが、チトー大統領の死と冷戦の終焉で、政府がエスニック紛争を調停する能力は弱体化した。コンストラクテイヴィスト[構成主義者}によれば、エス …

no image

イランの制裁緩和さえも禁ずる

米国政府が国連の査察機関(UNSCOM)を利用してイラクを偵察させたことも査察に悪影響を及ぼし、一九九八年一二月にクリントンとブレアが国連の反対を押し切ってイラクを爆撃した後、査察はイラクによって中止 …

no image

民主的な統治に対する最大の障害

米州機構事務局長はネオリべラルのグローバリゼーションを強力に推進する人物だが、年次総会の冒頭で、資本の自由な移動というグローバリゼーションの最も望ましくない特徴。その懸念は、アダム・スミスまで遡るもの …

no image

新自由主義的グローバリゼーションというネオリべラルのプログラム

世界最大の民主主義国独立後、数世紀に及ぶイギリス支配の悪影響から回復し始めたインドでも、NATOの威信を保ち、世界を安全にしょうとするクリントンーブレアの努力は評価されなかったようだが、インド政府及び …

no image

アメリカで実質賃金が先進工業国中で最低のレベルまで低下

東西を五〇〇年にわたり分断してきた断層線(冷戦のそれと全く同じではないが、似たようなもの)の東側にある国は、西側起源の第三世界から脱け出した後、教育・保健の面で以前よりずっと高い水準を享受するようにな …