雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否

投稿日:

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否したことを受け、ニカラグアは、それでも暴力的な報復や、テロによる脅しに訴えようとはせず、問題を国連安全保障理事会に託した。表向きの任務は破壊することだが、我々略奪者は気づかぬうちに帝国の種を時いているということが、いずれわかるのではないだろうか?アメリカとイスラエル及びエルサルヴァドルだけが反対した。ニカラグアは国連総会に訴え、そこでも同様の決議が採択された。

安保理は国際司法裁判所の判決を支持し、全ての国に国際法の順守を呼びかけた。ところが、アメリカはこの決議案を拒否した。国際司法裁判所と安全保障理事会の命令に対する米国政府の対応は、テロ戦争をエスカレートすることであり、その一方で米弾にはニカラグア軍との衝突を避け、ソフト・ターゲットを狙えという公式命令が下された。翌年には別の決議が通り、この時反対したのはアメリカとイスラエルだけだ。こうしたことはほとんど報道すらされず、この問題は歴史から消えている。

評価を高めるような声明を発表した

ジョージ・オーウェルの真理省小説1984年よりの評価を高めるような声明を発表した、とアメリカズ・ウォッチは評し、レッドマンの言う合法的な標的という概念は、イスラエルの共同体に対するテロ攻撃さえも正当化するだろうと付言した。国務省報道官チャールズ・レッドマンは新たな、より過激なテロ計画の存在を認め、それを正当化した。

我々はむしろ、費用便益分析を試みてそれに見合う良識ある政策を採用すべきだ、とキンズリーは忠告した。どれほどの血と苦痛が投入されるのか、民主主義が出現する可能はどれくらいかの分析である。ニュー・リパブリック誌の編集者マイケル・キンズリーは、国務省がソフト・ターゲットに対するテロ攻撃を正当化したことに関し、人権団体は感情的になりすぎだと批判した。それはアメリカのエリートが理解する意味での民主主義であり、解釈に関してはニカラグアでかなり明確に示されていた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカで実質賃金が先進工業国中で最低のレベルまで低下

東西を五〇〇年にわたり分断してきた断層線(冷戦のそれと全く同じではないが、似たようなもの)の東側にある国は、西側起源の第三世界から脱け出した後、教育・保健の面で以前よりずっと高い水準を享受するようにな …

no image

カストロ主義が広範な影響を及ぼすのはキューバの国力ゆえではない

カストロ主義が広範な影響を及ぼすのは、キューバの国力ゆえではない。アーサー・シュレジンジャーは新任のケネディ大統領にラテンアメリカに関する報告書を提出して、自分たちの手で事態を掌握しようとするカストロ …

no image

ゴルバチョフが権力の座に就いた時

1985年にゴルバチョフが権力の座に就いた時、アメリカには3000万台のパーソナルコンピューターがあったが、ソ連には5万台しかなかった。4年後。アメリカでは4000万台であったのに対し、ソ連は40万台 …

no image

パウエル国務長官は政権内の中道派と見られていたが

パウエル国務長官は、政権内の中道派と見られていたが、一九八〇年代の中米でテロと残虐行為が最終段階に入って、外交が軽視されていた頃、国家安全保障問題担当補佐官を務め、また南アフリカではアパルトへイト体制 …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …