雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否

投稿日:

国際司法裁判所の命令をアメリカが拒否したことを受け、ニカラグアは、それでも暴力的な報復や、テロによる脅しに訴えようとはせず、問題を国連安全保障理事会に託した。表向きの任務は破壊することだが、我々略奪者は気づかぬうちに帝国の種を時いているということが、いずれわかるのではないだろうか?アメリカとイスラエル及びエルサルヴァドルだけが反対した。ニカラグアは国連総会に訴え、そこでも同様の決議が採択された。

安保理は国際司法裁判所の判決を支持し、全ての国に国際法の順守を呼びかけた。ところが、アメリカはこの決議案を拒否した。国際司法裁判所と安全保障理事会の命令に対する米国政府の対応は、テロ戦争をエスカレートすることであり、その一方で米弾にはニカラグア軍との衝突を避け、ソフト・ターゲットを狙えという公式命令が下された。翌年には別の決議が通り、この時反対したのはアメリカとイスラエルだけだ。こうしたことはほとんど報道すらされず、この問題は歴史から消えている。

評価を高めるような声明を発表した

ジョージ・オーウェルの真理省小説1984年よりの評価を高めるような声明を発表した、とアメリカズ・ウォッチは評し、レッドマンの言う合法的な標的という概念は、イスラエルの共同体に対するテロ攻撃さえも正当化するだろうと付言した。国務省報道官チャールズ・レッドマンは新たな、より過激なテロ計画の存在を認め、それを正当化した。

我々はむしろ、費用便益分析を試みてそれに見合う良識ある政策を採用すべきだ、とキンズリーは忠告した。どれほどの血と苦痛が投入されるのか、民主主義が出現する可能はどれくらいかの分析である。ニュー・リパブリック誌の編集者マイケル・キンズリーは、国務省がソフト・ターゲットに対するテロ攻撃を正当化したことに関し、人権団体は感情的になりすぎだと批判した。それはアメリカのエリートが理解する意味での民主主義であり、解釈に関してはニカラグアでかなり明確に示されていた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

支配的なイデオロギー概念

再び西側は、ソ連が拡張しようとしているとみなした。ほとんどすべてについて何ほどかの誤解があったものの、これら6つの問題は深刻であった。これらの問題は交渉や着和によって解決可能であっただろうか?有和は機 …

no image

イラクは東ティモールやコソヴォやアフガニスタンではないと強調

イラクは重要な褒賞だ。他の国々はどうでもいい存在と見なされているという。だからこそ、米国政府が管理しなければならないのであり、国連にも、イラク国民にも任せられないのであるというのだ。イラクは東ティモー …

no image

核兵器は重大な政治的影響をもたらした

核兵器の持つ巨大な破壊力は、軍事的な手段と国家が追求する事実上すべての政治的目的の間に不均衡をもたらした。この目的と手段の範離は、ほとんどの状況で究極の兵器の使用に麻痺状態を生み出した。 19世紀プロ …

no image

アメリカからイスラエルへの援助金は達成度を条件とするようになる

アメリカからイスラエルへの巨額の援助金は初めて、イスラエル側の達成度を条件とするようになった。とはいえ、それはロードマップの条件履行に関してではなく、公共郡門の仕事と賃金を削減し減税する経済計画におけ …

no image

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威は一九六七年の戦争までに克服された。北アフリカの危機は、アルジュリア独立と共に終結した。インドネシアの危機は、小作農を大量虐殺して解決された。ニューヨー …