雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国連決議1441-アメリカ主導の安保理メンバーが支持したと見られた時

投稿日:

複雑な貿易制度は、実際にはアメリカが課した制裁措置の一環であり、イギリス以外に支援する国は無きに等しかった。だが、今ではその貿易制度が邪魔になった。イラク戦争の後、国連は再び無関係の存在となった。国連が定めたイラクに関する複雑な貿易制度のせいで、米軍の支配下で仕事を請負った米国企業に問題が生じたためだ。

厳粛に受け止められるべき法制度のもとでは、強制的な黙認は効力をもたない。だが、国際問題では外交の一方策として尊重されるのだ。アメリカ主導の決議一四四一を安保理メンバーが支持したと見られた時、これは実質的には服従だった。署名国は、支持しなければどうなるかを百も承知だったからだ。

問題はイラクの石油を管理し、新たな政府を樹立する上で、アメリカがどれほど自由裁量を与えられるべきかということで、各国外交官の見方は一致する。米国政府は自由裁量を要求する。ある有志連合外交官の言葉を借りれば、アメリカが伝えたいメッセージは我々がここ安全保障理事会に来たのは、そうしたかったからであり、そうしなければならなかったからではないということだった。

一つの国家が大がかりな暴力手段をほぼ独占

一つの国家が大がかりな暴力手段をほぼ独占する状態はこれまであった試しがなく、多少ともそれに類似した状況すらない。それだけに、その手続きや行動に関する公式政策はとりわけ入念に精査されるべきなのだ。唯一の主要な競争相手国が崩壊した後、アメリカの帝国的野望を全世界に拡大させるべきだとなるのは、別に驚くことではない。弁明や日実が頻繁に変わる中で、変わらない原則が一つある。

アメリカは最終的にイラクを実効支配しなければならないのであり、民主主義を建前とした方が好都合なら、そうするということだ。先例は数多くあり、それらはあまり思い出したくない結果に終わっている。しかし、現在の状況はそれとは異なる。エリートが危惧すること支配層の人々は、アメリカの帝国的野望が米国民にとっても深刻な脅威になると非常に危惧していた。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの自由と正義を守るために自由が必要である

国際司法裁判所は、一九八六年に米国政府の主張を退けニカラグアの言い分を認めた。世界秩序を守ることで知られている法曹界の権威はこの判決を受け入れず、その根拠として、アメリカが自由を守るために自由が必要で …

no image

潜在的な敵がアメリカを凌ぐ軍備を強化することを思い止まらせる

二〇〇二年秋になると、世界各国の関心は史上最強の国家に向けられた。圧倒的な軍事力による感藤とその行使によって権力を維持する意悪を、その国が宣言した。一極世界を永久に維持し、いかなる国家にも国家連合にも …

no image

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威

中東で生じたアラブ独立を促すナショナリズムの脅威は一九六七年の戦争までに克服された。北アフリカの危機は、アルジュリア独立と共に終結した。インドネシアの危機は、小作農を大量虐殺して解決された。ニューヨー …

no image

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響 …

no image

テロと抵抗運動との違いは何か

国際テロと侵略との違い、テロと抵抗運動との違いも明確にはしていない。こうした問題は興味深い形で提起される。公式の定義はあらゆる疑問に正確に答えてはいない。我々が慣習に背を向け、容認できない結果を招くと …