雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国連が事実上アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた

投稿日:

発足当時の世界情勢は、国連が事実上、アメリカの権力遂行の手段になることを保証していた。国連は大いに賞賛されたが、その後の年月にこの国際機関に対する支配者層の嫌悪感が著しく募っていった。フクヤマの予測は当たった。それは恐らく国連が発足した当初から連綿と続いている慣行に基づいた見解だったからだろう。行動主義の手段として申し分なく役立つ。それどころか、将来は国連こそ単独行動主義を実践する主たる機構となるかもしれない。

アメリカに次いで拒否権の発動が多いのはイギリスであり、フランスとロシアは遥かに少ない。だが、この記録すら正確ではない。一九六〇年代以来、アメリカはさまざまな問題を巡る安全保障理事会の決議に対し、他国よりも圧倒的に多く拒否権を発動しており、各国に国際法の順守を呼びかける決議ですらその例外ではなかった。

支配者層の懸案に対処する上で

支配者層の懸案に対処する上でアメリカの単独行動主義の手段として役に立たなくなると、国連はお払い箱になった。そのことを例証するものは多数あるが、その一つが拒否権の記録である。経済ジャーナリズムが世界の支配者たちの事実上の世界政府と呼ぶ権力中枢の外部から問題が生じた。こうした態度の変化は、植民地解放の過程とほぼ一致していた。それによって多数の横暴への小さな窓が開いたからだ。

サダム・フセインは当然ながら、安全保障理事会の数々の決議に完全に従わなかったことで非難されたが、同じ決議をアメリカも拒否してきた事実については、あまり語られていない。米国政府はしばしばその巨大な力を行使して自分たちの反対する決議を骨抜きにするか、重大な問題を討議の対象から除外させている。例えば、米国政府がインドシナで繰り広げた戦争もその一例だが、世界にとってそれはちょっとした懸念事項ではすませられぬ問題だった。中でも重要なのは、決議六八七だ。イラクの決議順守が安保理によって認められた時には制裁を解除し、更に中東から大量破壊兵器とその運搬手段を排除することを求めたものである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ファシズムはイタリア人の間で民主主義の脅威を押し潰した

陽光が降り注ぐ原始的な国では、人々の要求は先進社会よりも通かに少ないから、一九五九年に、キューバに樹立されたばかりのカストロ政権をアイゼンハワー政権が転覆させようとした時、CIAのアレン・ダレス長官は …

no image

アメリカが核攻撃サイレンの脅しをかけても

アメリカはヨーロッパを人質に取られていると思っていたので、ソ連に協力を強制することができなかった。アメリカが核攻撃の脅しをかけても、ソ連は通常戦力でヨーロッパに侵攻すると脅迫することができたのである。 …

no image

アメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除

アメリカはアメリカ大陸のための経済的ナショナリズムを排除しようと意図があった。最初の受益者はアメリカの投資家でなければならず、中南米諸国はそれに奉仕する役目を果たすべきだ。ラテンアメリカ人は、国内資源 …

no image

ソ連の経済発展とデモンストレーション効果

ソ連の経済発展とデモンストレーション効果については、一九六〇年代になってもやはり危惧されていた。だがその頃、ソ連経済は主としてエスカレートする一方の軍備拡張競争のせいで停滞し始めており、ソ連のフルシチ …

no image

ネグロポンテは対テロ戦争では国連で外交面を監督する役に抜擢

西半球で二番目に貧しい国(ハイチに次ぐ)に転落し、やはり富の一極集中世界記録を樹立しているようなグアテマラと、少しでも差をつけようと競い合っている現実。9・11の残虐行為はハルマゲドンとして糾弾される …