雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

国民一人当たりの成長率がヨーロッパとほぼ等しく失業率もほぼ同レベル

投稿日:

新しいヨーロッパで、かってソビエト帝国に属していた国々がもて離されるのは、何もその指導部が大声でイエス・サーと敬礼するほど意欲的だからというわけではない。東欧諸国なら、ヨーロッパの多くの国が依然として引きず言僚主義と福祉国家の文化を打破し、市場経済をあるべき本来の形で機能させられるだろう。つまり、アメリカのように、である。より根本的な理由が明らかになったのは、欧州連合がこれらの国々に加盟枠を広げる検討をした時のことだ。

理想とする米国式モデルは、国民一人当たりの成長率がヨーロッパとほぼ等しく、失業率もほぼ同レベルで、更に不平等率と貧困率は先進工業国の中で最も高く、仕事量もやはり最高、更に社会保障給付と援助制度は最低水準というものだ。東欧諸国はヨーロッパを近代化する真の担い手だと、政治評論家のデーヴィッド・イグネイシャスは言う。アメリカは、この動きを強力に後押しした。自由を愛し、産業技術に順応する東欧の人々は、賃金が西側労働者の数分の一であるため、ヨーロッパ全土を現代の資本主義の現実に目覚めさせられるのだ。

二〇〇〇年に男性が得た賃金の平均値は

二〇〇〇年に男性が得た賃金の平均値は、一九九〇年代末に景気がわずかに上昇したにもかかわらず、まだ七九年のレべルを下回っていた。東欧諸国が原因で、ほとんどの西側地域で生活の質を低下させる可能性については、べルリンの壁崩壊直後から言われていた。生産性は四五%伸び、資本家に有利な方向へと急速に向かっていることが示され、ブッシュ二世時代に入ると、それは更に加速した。

緑の芽が更に増えれば、労働者の統制に充分な抑圧が生じ、西側投資家には国から補助金も出るようになる。
経済紙は共産主義の廃墟から顔を出した緑の芽に狂喜した。産業労働者階級の大部分に失業と貧困が増加している事実は、これらの国の人々が西側へ行けば、甘やかされた同僚たちより長時間働くのを厩わないことを意味し、四〇%の賃金や、少ない手当にも甘んじると思われていた。こうした市場改革が起これば、ヨーロッパは高賃金、法人税、労働時間短縮、移動不能の労働者、警沢な社会福祉制度をなし崩しにできる。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …

no image

イラクの脅威、大量破壊兵器、テロと見なしうる活動を巡る問題

マクジョージ・バンディの言う陰の無頼漢たちの間では別だが、戦争がイラクの人々に及ぼしうる影響については、わずかに議論されただけだ。民主化解放など、アメリカと同盟国が直面しうる脅威とかけ離れた問題は、ど …

no image

国際システムのプロセスを不寛容なものに

冷戦の開始は不可避であったのか?もしも不可避を「大いにありうる」と緩やかに解釈すれば、ポスト修正主義者たちが正しいことになる。2極構造は米ソ双方をヨーロッパの力の真空に吸い込まれやすくしたし、そこから …

no image

アメリカが世界の富を支配するパーセンテージ

一つの目安として、アメリカが世界の富を支配するパーセンテージがある。かつてはおよそ五〇%だったが、世界経済が三大勢力の中心地、すなわち北米とヨーロッパ及び日本を中心としたアジアからなる三極体制に移行す …

no image

パレスチナ問題-地図ロードマップがどこに適用されるか

現場での既成事実はロードマップがどこに適用されるかを、またパレスチナ国家として知られる存在がどこに建設されるのかを決定しており、今後も決定し続けるだろうと、イスラエルのジャーナリスト、アミーラ・ハスは …