雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

国土地理院発行の地図について

投稿日:

・地図は見るのではなく読むもの

地図は見るのではなく読むものです。長いこと5万分の1図を使い、慣れ親しんでいましたから、2万5600分の1図を使い始めたときは、頭を切り替えるのが大変でした、とベテランの登山者は言います。昔は、2万5000分の1の地形図はなかったようです。5万分の1だけで、しかも墨1色の無愛想なものだったようです。昔の登山者たちは、地図に愛想良くしてもらい、読みやすくしようと、色鉛筆で彩色したものだそうです。

ともあれ、現在では2万5000分の1図が山登りで用意すべき基本的な地図と言っていいと思います。広げているのは2万5000分の1図なのに、図上の3センチメートルを、本当は750メートルなのに頭がさっと1500メートルと読み取ってしまう。5万分の1図上での1センチメートルは、実際には500メートルの距離になります。それが、2万5000分の1図では、1センチメートル250メートルです。ただし、地形図も地勢図も山登り用に作られたものではない、ということは知っておいて下さい。

出版社から発行されている登山用のガイドマップも

これらは、国土地理院発行の地図についての説明ですが、別に出版社から発行されている登山用のガイドマップがあります。国土地理院発行の地図は、地図専門店や大きな書店、大きな登山用具専門店でなければ置いてありませんが、ガイドマップなら街の書店でも、棚に並べてあって入手しやすいものです。国土地理院発行の地図の、全国の地図販売店は日本地図センターの地図販売店一覧をご覧ください。インターネットで調べればすぐに分かります。

地形図をベースに、登山・ハィキングコースを朱線で示し、コースタイムや山小屋、水場の位置などが記入された地図で、初心者には使い勝手のいいものです。ただし、ガイドマップは、メジャーな山域のものしか発行されていませんので、そのことをよく覚えておきましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

信夫山の登山-日帰りで楽しめるスポット

福島市のほぼ真ん中にポッカリと信夫山が鎮座している。信夫山は富士山のような独立峰だから、山頂からは福島の市街地や吾妻・安達太良連峰の眺望がきく。ここは山頂近くまで道路が整備されているため、車でも上に行 …

no image

子供の正しい教育はアウトドアで行うこともできる

あらゆる手を尽くして子どもの機嫌をとっても、効果がまるでないときはどうしよう。かんしやくを起こされたら?アウトドアでどうやって子どもを律しよう?かんしゃくとは、たまったフラストレーションの爆発だ。アウ …

no image

昔の天気予報の言い伝えを使った観測の方法

大きな山の西と東では天気がちがってあたり前、でもテレビはそこまで親切ではありません。昔から伝わっている、天気についての格言の的中率は高いパーセントと言われる。この数字は、コンピューターを使った天気予報 …

no image

キャンプ車でおすすめの車種は?アウトドアで車内泊可能で荷物の収納スペースが広いのは?

キャンプ車でおすすめの車種は、どんな車種か。また、アウトドアで車内泊可能で荷物の収納スペースが広いのはどんな車種なのか。アウトドアにいくなら、アウトドアに適した車で出かけたいものでしょう。 そして、車 …

no image

土砂崩壊対策-よいリーダーは皆さんの様子を見ている

待望の三〇〇〇メートルの夏山です。谷筋に残る雪を雪渓と言います。日本アルプスの山々には真夏でも雪の残っている山がたくさんあります。さすがに春は尾根筋にも雪がありましたが、いまは谷筋だけです。少し離れた …