雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

国土地理院発行の地図について

投稿日:

・地図は見るのではなく読むもの

地図は見るのではなく読むものです。長いこと5万分の1図を使い、慣れ親しんでいましたから、2万5600分の1図を使い始めたときは、頭を切り替えるのが大変でした、とベテランの登山者は言います。昔は、2万5000分の1の地形図はなかったようです。5万分の1だけで、しかも墨1色の無愛想なものだったようです。昔の登山者たちは、地図に愛想良くしてもらい、読みやすくしようと、色鉛筆で彩色したものだそうです。

ともあれ、現在では2万5000分の1図が山登りで用意すべき基本的な地図と言っていいと思います。広げているのは2万5000分の1図なのに、図上の3センチメートルを、本当は750メートルなのに頭がさっと1500メートルと読み取ってしまう。5万分の1図上での1センチメートルは、実際には500メートルの距離になります。それが、2万5000分の1図では、1センチメートル250メートルです。ただし、地形図も地勢図も山登り用に作られたものではない、ということは知っておいて下さい。

出版社から発行されている登山用のガイドマップも

これらは、国土地理院発行の地図についての説明ですが、別に出版社から発行されている登山用のガイドマップがあります。国土地理院発行の地図は、地図専門店や大きな書店、大きな登山用具専門店でなければ置いてありませんが、ガイドマップなら街の書店でも、棚に並べてあって入手しやすいものです。国土地理院発行の地図の、全国の地図販売店は日本地図センターの地図販売店一覧をご覧ください。インターネットで調べればすぐに分かります。

地形図をベースに、登山・ハィキングコースを朱線で示し、コースタイムや山小屋、水場の位置などが記入された地図で、初心者には使い勝手のいいものです。ただし、ガイドマップは、メジャーな山域のものしか発行されていませんので、そのことをよく覚えておきましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

乱層雲などの雲の特徴

低気圧が接近している印で、巻雲は時間が経つにつれて「高積雲」や「高層雲」、そしていわゆるあま雲である「乱層雲」に変化していく。「曲がり」が多いものは「晴天巻雲」とも呼ばれ、この雲が出ると数日、好天に恵 …

no image

子供の自然体験の教育効果

自然や他者への配慮がまったくない風景に、子ども達の心は傷み、不倫快を隠さない。そしてローインパクトのトイレ・テクニックに納得する。すなわち仮設トイレがあればそれを利用する、排池物や汚れ物の処理は、トイ …

no image

山での遭難時の救助隊の要請有無など

遭難した場合に、必ず伝えなければならないことは、事故の状況と事故者の状況、そして救助隊の要請有無です。登山計画書を渡せば緊急連絡先やパーティーの氏名などが記載されているので対応が早くなります。連絡が、 …

no image

障害のある子どもとのアウトドアでの接し方

ある主婦の話。ハンディのある子どもとアウトドアに出かける家族。彼らとのインタビューは私にとって目ウロコ体験だった。キャンプひとつをとっても、目的地を決める前に知っておくべきことがある。車椅子でも大丈夫 …

no image

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解け …