雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

心地よさの発見-自分の暮らし方のスタンスを決める

投稿日:

毎日配達される新聞やチラシでさえも、そのままにしておくと、たまるいっぽう。そのつど、あるいは定期的に始末していかないかぎり、ゴミは増えるばかりです。そして、いつかは部屋中がゴミだらけにこれではとても快適な、心地よい状態とは言えません。そんなことを避けるためにこそ、自分の暮らし方のスタンスを決めることが役立つのです。そのうえで、必要なモノは何かいくつ必要かどれだけのスペースが使えるのか取り出しやすく、しまいやすくするにはどうするかなどを考え、モノを選ぶことが大切なのです。

ポイントをクリアにせず、ただ家のなかをスッキリさせるためだけに、やみくもにモノを減らしたり、片づけたりしても、すぐに快適な状態は崩れてしまいます。わたしは、多少モノがちらかっていたり、床に落ちていたりしても平気なほう。でも、その程度が室内の50%を超えると、イライラがつのり、快適さ・心地よさが失われたと感じます。

ライフスタイルに合ったモノ選びが整理・整頓の第一歩

たとえば、こんな実例があります。ある人は、ワンルームでひとり暮らしをしています。彼があるとき、モノであふれた暮らしをリセットしようと、部屋の改装にふみきりました。改装後、モノがスッキリと収納され、広々とした部屋で、彼は快適そうにすごしていました。ところが、その暮らしは2年ともちませんでした。3年目には、彼の部屋は以前と同じように、モノであふれた状態に逆戻り。本人によると、日々のモノの整理や定期的なモノの厳選ができなかったと言うのです。

ライフスタイルに合ったモノ選びが、整理・整頓の第一歩。頭では分かったけど、実行するとなると、なかなか、なんて思っている人、いませんか。整理しないのではなく、したくてもできないんですなどという人も、なかにはいるでしょう。暮らしが不快になるわけは、暮らす人の年代や環境によりさまざま。でも、すべて解決は可能。まずは原因を探ってみよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

いらないシーツを掃除に使うというアイデア

・いらないシーツは掃除に使う 役に立つのは、年末の大掃除のときの使い捨て用くらいのもの。古くなったシーツは、切ってぞうきんに使うという人も多いが、日常のぞうきんがけには不向きな布地。それよりも、シーツ …

no image

風邪薬の使用期限は開封後1シーズンだけと思っておこう

・開封したカゼ薬は1シーズンだけ パッケージには使用期限が書いてあるが、これはあくまで未開封のときの期限でしかないことを知っておこう。家庭常備薬の代表で、町の薬局でいちばん売れるのがカゼ薬。いったん開 …

no image

ブランドもののスカーフの捨てる・捨てないの判断

・しまいこまずに役立てる方法 趣味が変わって、おそらくこの先使うことはないだろうとは思っても、こういうものを捨てるふんぎりをつけるのはなかなかしい。スカーフの捨てる・捨てないを判断するとき、迷うのが海 …

no image

ウレタンマットを玄関の段差に置こう

・玄関の段差にウレタンマット玄関や勝手口に 少しでも段差をなくし、ケガをしないようにするには、ウレタンマットを敷けばどうだろうか。段差があると、赤ちゃんや子どもが落ちてケガをしたり、お年寄りが上り下り …

no image

畳の変色をきれいに掃除

畳は、昔ほどではないですが、今でも日本時にとって欠かせない存在です。畳は、長年使うと、新品の時よりも変色します。畳の変色はどうしても免れません。特に直射日光の当たるところは黄色に焼けてしまいます。 変 …