雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

心の健康とストレス-純粋な怒りはぶつけよう

投稿日:

心に生じた感情を抑えつけると、心ストレスをためてしまいます。心の健康とストレスは、社会問題となっています。純粋な怒りだったら、相手に直接ぶつけてかまいません。思いのたけを文章にして感情的にならないようにすると、心に緊張を生みます。

感情の表現は、人を攻撃したり、人にわからせたりするのが目的ではなく、感情を自分の外に出して浄化するのが目的です。理解してくれる人に話を聞いてもらうのもいいですし、ひとりで涙を流したり、大声をあげてみるのもいいでしょう。

いずれにしても、健康と幸運を遠ざけるので気をつけて。感情的にならないように努力するのではなく、上手に感情を放出することに努力してください。

緊張やストレスを手放した心は、有能なセンサー、つまり直観として機能します。このセンサーは、その人がからだや心によいことをおこなったときには「快適さ」や「喜び」の信号を出して、それが正しいおこないであることを教えてくれます。

心と体のエネルギー量はどのくらい?

今の体質はどう乱れている?ヴィクリティは、「不自然」を意味する言葉。今の自分が本来の姿から、どんなふうに、どのくらい離れてしまった状態にあるのかを判定します。個性・体質の乱れをキチンと知って、それをととのえていくと、本来のあなたの姿があらわれてきます。

本当のわたしはどんな体質?プラクリティーチェック。プラクリティとは、「自然」という意味の言葉。本来の自分の個性・体質のことをあらわしています。このチェックでは、子どもの頃のあなたの個性・体質を通じて、あなたがもっとも健康で幸せでいられる本来の姿を見つけだします。

心と体のエネルギー量はどのくらいですか?オージャスとは、生命エネルギーのこと。心とからだをイキイキとさせ、強さ、安定性、活発さをもたらし、あらゆる機能をスムーズかつ調和のとれたものにします。オージャスの量が多いほど、その人の健康度、幸福度は高くなります。

また、アグニと、消化力のことですが、病気の原因となるアーマを作らないためには、自分の消化力の強さを知って、それをよい状態にととのえることが大切です。

心を健康な状態にし、ストレスを減らしていくためには、体のあらゆる機能をスムーズかつ調和のとれたものにしなくてはいけません。心の健康は、心の問題だけではなく、体調を整えるだけでも、大きく変わってくるのです。体調によって、その時の気分も変わりますので、健康を維持するようにしましょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

ペパーミントオイルの使い方や注意する事項

緊張頭痛に対してペパーミント・オイルをどう使ったらよいか。緊張頭痛の最初の微候があらわれたときに、ペパーミント・オイルを額全体にこめかみからこめかみまで、眉毛の上から頭髪の生え際まで薄く膜を作るように …

no image

白血球が誤って自分の細胞を敵と思い込むことがある

白血球が誤って自分の細胞を敵と思い込むことがあります。たとえば、潰瘍性大腸炎という自己免疫病がありますが、自血球が自分の大腸細胞を敵の細胞と思い込んで、自分の腸の細胞を攻撃してしまうのです。そのために …

no image

病気を自分で治すことに成功したある先生

ある先生は、赤血球は腸の壁でつくられるという「腸造血説」を唱えた人。フランスの学者なども同じ学説を発表していましたが、先生は実験でこのことを確かめました。先生は、腸壁で取り込まれた食物を材料にして赤血 …

no image

若年性関節リウマチの症状などに効果の高いグルコサミン

変形性関節症、若年性関節リウマチ以外にもグルコサミンは効果があるか?どのようなタイプの関節の傷または痛みに対しても、グルコサミンは効果があると、グルコサミンの権威の一人である生化学者のリューク・R・ブ …

no image

瞑想の体への良い効果は色々ある

瞑想を生活の中に取り入れていると、毎日のストレスがどんどん減ってきます。すると、体内の悪いものがどんどん減ってきます。また、腹式呼吸をしながら瞑想していますから、血行がよくなります。緊張が取れます。そ …