雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

投稿日:

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこの2週間が大丈夫なら、あとは怖いものナシだ、という気がした。テントで味わう家族だんらんも、慣れてくるとそう刺激的でもない。愛の時間を持つなら、ものすごく静かに、ナイロンのすれあう音にも気をつけて。

私達は、子どもが熟睡してから(寝息でわかる)始める。疲れきっている日もあれば、うっかり寝入ってしまうこともある。チャンスは少ないから、その日のために心の準備をしておきたい。寝返りや寝言には、しばらく動きを止めて様子を見る。寝かしつけてから、自分達のシュラフとパッドを外に引っばり出してそこでというのがべストだが、これは寒さと雨に弱いオプションだ。睡眠不足にならないよう、万全を期すこと。

睡眠量と疲労に大きく左右される

その努力なしに、むずかる子どもを叱るのは不公平だ。子どもの機嫌のよしあしは、睡眠量と疲労に大きく左右される。子どもをはさんで寝ない、その日のことを30分ほど語り合う、寝る前に数分読書をするといったシンプルなことでいい。環境が変わっても、ふだん通りの安心感と心地よさが生まれる。自分と向き合う時間、パートナーと2人の親密な時間を忘れず持とう。アウトドアでの、おやすみ前の習慣をつくりあげる。家にいるときとはちょっと違ってもよい。

目的地までの車中2カ月間の縦走そのものよりも心配だったのは、そこに行き着くまでのドライブだ。子どものことだけで頭をいっばいにするのは避けよう。居心地のよい車内環境を作る。クルマの中は前と後ろで温度がかなり違う。まず、窮屈になりそうなものは全部取り除く。そして子ども達には、通気性がよくて体にまとわりつかない木綿を着せよう。前はエアコンが効いて涼しくても、後部座席は暑いままだったり、ヒーターで自分はホカホカでも、子ども達は後ろで震えていることもあるという。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

色々な動物の爪の種類

急な渓流に棲息するサンショウウオ類では、幼生時代に爪があって、それで岩などに体を固定するものが多い。アフリカツメガエルのように、後足の指先だけにある爪で泥底をかき回し、いて飛び出す水生小動物を捕食する …

no image

自然でこどもと遊ぶ時にはあまり細かく指示しすぎないで自由にさす

アウトドアでは、自然の中でみつけたものも、家から持ってきたおもちゃも、両方うまく活用して楽しみを作り出そう。山では、コッへルに木の実や松ぼっくりを集め、お料理するのが子達のお気に入り。クルマで移動し、 …

no image

里山とは?低山とは一体どう違うのだろうか?

亜高山帯の上方は高山帯である。高山帯は標高約二五〇〇m以上で、森林限界(亜高山帯上限)または高木限界から、恒雪帯下限の雪線までの地帯である。低温、低圧、強風、多雨で天候の変動が激しい。この高山帯には、 …

no image

布おむつの使い方やハイク時の色々な実践法

赤ちゃんとハイキングに出かけた場合、取り替え作業の前に清潔なおむつ一枚をその敷物の上に重ねて、排池物による汚れを防ごう。バックカントリー用には小さなフォームパッドがあると便利。地面が柔らかくて乾いてい …

no image

登山家の凍傷の危険

登山家の凍傷の危険。 山には森の木陰が多い。また高度が上がれば比較的、涼しくなるために熱中症になることはあまりない。逆に防寒の準備が不十分のまま寒さにさらされると、顔面や手足などの体の末端部が低温とな …