雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

子犬の散歩トレーニングなどの方法

投稿日:

犬は子犬の頃からトレーニングするとよいといわれている。犬がまだ幼いあいだに、自主トレーニングと名づけたものを開始する。これは犬の服従訓練のごく初歩のものだが、正式な訓練は必要としない。接近学習で下地ができているため、命令を一、二度くり返す(たとえば、来いなど)、あるいはこちらの要求を伝える(首輪につないだ引き綱をくいと引く)だけで、覚えさせられる場合もある。補習訓練がまったく必要のない場合もある。

接近学習は、犬にとってむずかしい、あるいは強制できない行動を教える場合、とくに有効である。犬が排池のためにしゃがむ様子を見せたら、早くと声をかけ、排池の最中も一、二度その言葉をくり返す。犬に排池のしつけをするとき、慣れた道を散歩させる。そして終わったら、必ずほめる。こうすると、犬の排準についてもある程度コントロールできるようになる。数週間経つうちに、早くと声をかけると、犬はあたりを嗅ぎ回って排池に適当な場所を探し始めるようになる。

何度かくり返すうちに

トレーニングする場合、たとえばローヴァーという名の子犬がいたとすれば、彼の相手をしながらその動きを注意深く観察する。座ろうとしたら、ローヴァー、座れと言う。子犬がこちらに向かって来ようとしたら、ローヴァー、来いと言う。いずれの場合も動作が終わったら、命令に応じてその動作をおこなった場合のように、ほめてやる。それによってその動作にあるレッテルが貼られ、何度かくり返すうちに、犬の頭の中でその言葉と動作が結びつく(心理学ではこれを接近学習と呼ぶ)。

そうなってしまえば、言葉を命令に変えるのは簡単である。犬たちは静かにという言葉を聞くと、あまり騒がずにおとなしくわが家の特定の場所や部屋の一隅にうずくまる。座れや伏せとちがい、この命令では特定の姿勢をとる必要はない、という場合もある。一定の場所で静かにしていさえすれば、動き回ってもかまわないのだ。これも自主トレーニングで覚えさせた命令のひとつなのだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の脳波では生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟

脳波測定でも、生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟である。しかし七週間ぐらいで、子犬の脳波パターンは成犬とほぼ変わらなくなる。犬も人間も同じように年齢に応じて知能が変化する。人間では顕在知能は幼 …

no image

犬に命令に従う習慣を身につけるきっかけを作る

座れが確実にできるようになったら、犬がほかの命令にも従う習慣を身につけるきっかけに使うことができる。犬の名前を呼んでから座れを命令し、片手を子犬の頭のややうしろに持ってゆく。犬が座ったら、ふたたび少し …

no image

犬の総数の問題を充分に埋め合わせた相対的な順位の決定

犬の登録数に対する服従訓練資格の取得率といった単純な統計では、犬の総数の問題を充分に埋め合わせた相対的な順位の決定はおこなえない。犬種別の相対的な査定を有効なものとするために、ある専門家は慎重にいくつ …

no image

落盤から救出した犬のお話

落盤から救出した犬のお話。トロント大学で講師をしていたことのあるイアン・カリーは、霊的なきずなの顕著な例として、ウェストヴァージニア州の年老いた炭坑夫と、暗いトンネルに住む嵐という犬の物語を教えてくれ …

no image

ポインターの行動は訓練により正確で柔軟になるが

猟銃の進歩とともに、犬の品種改良が必要になった。後装式銃の登場で連続射撃が可能になり、技術の改良によって離れたものも正確に撃てるようになった。より速く走る利口な犬が望まれるようになり、繁殖家はセターの …