雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

子犬を外出させる際の注意点

投稿日:

子犬の外出の際には、車の中などしっかり囲われた場所以外では、絶対に引き網をはずしてはならない。気をつけなくてはいけないのは、子犬を幼い子どもに見せる場合である子どもはっい乱暴に扱いがちになる。そしてほかの犬と対面させる場合も、要注意である。たいていの人は子犬が好きなので、ほかの人間との接触はすぐにできる。最初の数ヵ月は子犬がフェロモンと呼ばれる特殊な匂いを発散し、それによってほかの犬は相手がまだ子どもだと察知する。

ふつうの犬はこのフェロモンを嗅ぐと優しい態度で反応するが、その犬を充分知らない限り安心はできない。社会的接触、遊び道具や対処すべきものごと、初めての状況などは、すべて解決すべき問題になる。これらの社会的接触や環境変化は、犬に多くの刺激を与える。やがてはこれらすべての刺激が、学者たちが言うところの豊かな経験から与えられた成果となるだろう。

結晶性知能を高めるには

結晶性知能には個体が学習したすべてが包括される。つまり大の学習量が増えるほど、結晶性知能も増加する。犬の脳の大きさも重量も、そして神経細胞の分枝の数も増えてゆくことが望ましい。それによって脳の機能は増加し、流動性知能も高まるのだ。学習といっても、正式な訓練だけを指すのではない。犬の流動性知能を高めるために豊かな経験を与えることも、また結晶性知能を高めるきっかけになる。しかし、この知能領域を拡大させるためには、秩序をもった活動がきわめて効果的なことが証明されている。

その第一は、犬に話しかけること。こうした活動は、毎日犬と暮らす中で簡単に実行できる。犬の生活と密接した行動に移る場合に、話しかけるのである。話しかけるといっても、よくあるように犬と遊びながらふざけたり、甘やかすような言葉をかけるのとはちがう。犬に自分と関わるなにかが起こりそうだと期待させる簡単な言葉をくり返す。たとえば毎日の散歩の前に散歩に行こうあるいは疑問形で散歩に行きたい?と声をかけるとよいだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペット病院の治療のレベルを上げるための会社

ペット病院の治療のレベルを上げるための会社。 ・ペット病院の医療レベルを上げるために ペットの医療ミス発生率は人間の数倍に上るとの指摘もあるほど。ペット病院の約七七%が個人医療施設、すなわち個人医院で …

no image

犬のしつけなどの合図について

犬の研究で名高い心理学者で、メイン州マウント・デザート・アイランドのハミルトン・ステーション動物行動学研究所の所長J・ポール・スコットは、犬は学習によって人間の話し言葉を一〇〇種類以上識別できるように …

no image

家庭犬におすすめなのは?

おくびょうで神経質、病弱、あるいは人間に不信感を抱いている犬かもしない。犬も人間と同様に、性格や体質的なものが親から子へある程度遺伝します。ですから、犬を選ぶときは、十分に見極めましょう。 明るく、好 …

no image

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目は、どこにあるのだろうか。その答えは知能の性質に関わっている。さまざまな知能は、ふたつに分けられる。さまざまな知能の構成要素は、結晶性知能、と …

no image

犬の音への反応を調べるテスト

犬の音への反応テストというものがある。このテストをおこなうためには、テスト者は音が聞こえてくる方角に犬の背中を向けさせたら、テストが終わるまで犬に触らないようにする。犬が位置についたら助手は缶を三回す …