雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋に落ちる瞬間には選択の自由はない

投稿日:

「恋に落ちるのには選択の自由はない。恋する気持ちはいきなり生まれてしまう」。恋の寿命は一二か月から招かれてもいないのにでいきなりやってくる恋だが、去るときもすばやい。ヴェルディ作の悲劇『のなかで、ヴィオレッタはこう歌う。「楽しみのためにだけ生きましょう。だって愛は、花のように瞬く間に枯れていくものだから」。

きまじめなアメリカ創世の父ジョージ・ワシントンは、恋愛の威力を知っていた。彼は親戚の娘に送った手紙のなかで、「不本意な恋心」を燃やさないよう助言している。現代の男女も、恋愛にともなうこうした無力感と無縁ではない。

恋する心はジェットコースターのように当然ながら、恋愛にもさまざまなかたちがある。真夜中、見捨てられたような、絶望したような感覚をおぼえ、眠れずにいることもあるだろう。

愛の神は不道徳でも、道徳的でもない

プラトンも、愛の神のそうした側面に気づいていた。「もともと愛の神は不道徳でも、道徳的でもない。ある日いきなりやってきたかと思うとやがて死に絶え、そしてたび息を吹き返す」愛は気まぐれで、不安定で、移ろいやすい。息を引き取ったかと思うと、ふたたび吹き返し、やがてまた消えていく。

たいていの人が、だれかにほんの数日から数週間だけ熱を上げた経験を持っている。それに、ふたりの関係になにか障害があれば、恋の炎が何年も燃えさかることもある。逆境が恋心を刺激するからだ。ところがそうした心の炎は、相手と毎日一緒にいるようになると、消えていく傾向にある。そして脳のまたべつの優雅な回路に取って代わられるのだ。つまり、愛着ー平静と、相手との一体感という感覚である。

愛の魔法はどれくらい持続するものなのだろうそれはだれにもわからない。ある神経科学者の研究チームが、恋愛感情は通常一二か月から一八か月っづくという結論を出した。脳の研究では、少なくとも一七か月はっづくことが判明している。とはいえ、恋愛期間は人によって大きく異なるはずだ。そこにはそれぞれの人の性格がかかわっているのだから。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

鋭敏な嗅覚よりも鋭い視覚が必要だった

わたしたちの祖先である霊長類は、少なくとも三万年前には樹上の生活を送っていた。地面に落ちてしまわないため、そして熟した果実を見わけるため、彼らには鋭敏な嗅覚よりも、鋭い視覚が必要だった。その結果、サル …

no image

仕事の重荷で悩む女性

彼女は仕事の重荷と、自分が教師として十分適切に生徒に接しられないことをかなり悩んでいました。劣等感を抱いているために、仲間と接触するにしても、どうしても警戒して積極的になれない。うっかりしたことをいえ …

no image

自分自身が作った文明や制度のためにいつも縛られてしまう

人間が、本当にその人間性を発揮して、生き生きと生の躍動を感じるためには、世の中はあまりにも制度化され、狭く、不自由です。しかしこれはなにも今の若い世代にだけいえることではなく、今のオトナたちにとっても …

no image

恋人を喜ばせるためなら

愛する人をよろこばせるためなら、男も女も、新しい関心事や信念やライフスタイルをすんなり受け入れる。一二世紀の宮廷愛の達人アンドレアス・カペルラーヌスは、そうした衝動をつぎのようにまとめている。 あの人 …

no image

何事もなかったかのように

愛想よく、妙にいちゃいちゃして、その男性社員とべタべタ親しげに話し合っている。ときどき橋声を上げて笑ったりもする。あるとき、夜十一時過ぎに研究室のコンピュータにインプットしていた研究生が、研究室を出よ …