雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋人を喜ばせるためなら

投稿日:

愛する人をよろこばせるためなら、男も女も、新しい関心事や信念やライフスタイルをすんなり受け入れる。一二世紀の宮廷愛の達人アンドレアス・カペルラーヌスは、そうした衝動をつぎのようにまとめている。

あの人好みの自分になりたい恋に夢中になった人の多くが、服の趣味や行動、習慣、そしてときには価値観を変えてまで、好きな人の歓心を買おうとする。急にゴルフやタンゴや骨董品集めに興味を抱きはじめたり、髪型を変えたり、カントリーウエスタンではなくモーツァルトを聴きはじめたりする。新しい街に引っ越し、仕事を変える人までいるくらいだ。

「愛は、愛のためならなにひとつ否定しない」一方、ある女性の虜になったあるアメリカ人男性は、ぶっきらぼうにこう語った。「彼女が好きなものなら、なんでも好きだった」彼のように思う人はたくさんいるはずだ。

恋する人は相手に依存しきってしまうため

恋する人は相手に依存しきってしまうため、連絡がとれないとひどい分離不安に苦しむにとになる。一〇世紀に詠まれた日本の歌から、そうした絶望の叫びが聞こえてくる。

「わたしの心は奴隷となるあなたに抱かれるままに」一二世紀の打情詩人アルノー・ダニエルはこう歌った。「頭のてっペんから足のつま先まで、ぼくは彼女のもの」しかしなかでもいちばん情熱的なのが、ジョン・キーツだ。「いまだに、いまだに彼女のやさしい息づかいが聞こえてくるしかも、いままで以上にあざやかにーさもなければ、死に絶えてしまうから」。

「その人とデートできるかもしれないので、スケジュールはつねに空けておく」恋に落ちた人は、愛する人のためなら生活をも変えてしまうのである。もう、恋人なしでは生きていけない恋する者は、恋人との関係に依存するようになる。シェークスピアが描いたアントニーがクレオパトラにいった言葉からもわかるように「わたしの心はあなたの舵に縛られていた」神聖文字で残された古代エジプトの詩のなかにも、依存について同じような記述がある。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

デート中の喧嘩で帰る

Uさんがアルコールをしばしば飲むようになったのは、失恋したからだ。一年近くつき合っていたX君ととうとう別れることになった。旅行先で知り合ったX君と彼女はとてもロマンチックな、絵に描いたような恋愛をした …

no image

森で暮らしていたわたしたちの祖先

森で暮らしていたわたしたちの祖先に、好きなタイプの相手がいたはやがて人間の恋愛感情へと発達する、親近感のようなものである。人間が、いまのわたちと同じような、新たな精力とともに人を愛するようになったのは …

no image

個人集団社会

自然の善意による助け合いこそが、庶民の共同生活を支えてきたのだと思う。もちろん庶民道徳が、感情的限界をもち、したがって狭さや弱さをもっていることは否定できません。日常的なセンスで理解できないようなもの …

no image

失恋したばかりの人の脳はどうなっているのか?

失恋したばかりの人、立ち直れずにいる人はいませんか?ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校心理学部の掲示板に、そんな言葉ではじまるチラシを貼りつけた、と語るある先生。求めていたのは、心から傷ついてい …

no image

異性を自らの魅力で魅了する女性

A子さんに比べてもっと迫力があって、異性を魅惑するM子さんは、感情の起伏が大きく、自分がつねにドラマの主役を演じるが、このドラマは必ず破局を迎え、彼女は悲劇のヒロインになる。 A子さんを見て、みんなは …