雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋人を喜ばせるためなら

投稿日:

愛する人をよろこばせるためなら、男も女も、新しい関心事や信念やライフスタイルをすんなり受け入れる。一二世紀の宮廷愛の達人アンドレアス・カペルラーヌスは、そうした衝動をつぎのようにまとめている。

あの人好みの自分になりたい恋に夢中になった人の多くが、服の趣味や行動、習慣、そしてときには価値観を変えてまで、好きな人の歓心を買おうとする。急にゴルフやタンゴや骨董品集めに興味を抱きはじめたり、髪型を変えたり、カントリーウエスタンではなくモーツァルトを聴きはじめたりする。新しい街に引っ越し、仕事を変える人までいるくらいだ。

「愛は、愛のためならなにひとつ否定しない」一方、ある女性の虜になったあるアメリカ人男性は、ぶっきらぼうにこう語った。「彼女が好きなものなら、なんでも好きだった」彼のように思う人はたくさんいるはずだ。

恋する人は相手に依存しきってしまうため

恋する人は相手に依存しきってしまうため、連絡がとれないとひどい分離不安に苦しむにとになる。一〇世紀に詠まれた日本の歌から、そうした絶望の叫びが聞こえてくる。

「わたしの心は奴隷となるあなたに抱かれるままに」一二世紀の打情詩人アルノー・ダニエルはこう歌った。「頭のてっペんから足のつま先まで、ぼくは彼女のもの」しかしなかでもいちばん情熱的なのが、ジョン・キーツだ。「いまだに、いまだに彼女のやさしい息づかいが聞こえてくるしかも、いままで以上にあざやかにーさもなければ、死に絶えてしまうから」。

「その人とデートできるかもしれないので、スケジュールはつねに空けておく」恋に落ちた人は、愛する人のためなら生活をも変えてしまうのである。もう、恋人なしでは生きていけない恋する者は、恋人との関係に依存するようになる。シェークスピアが描いたアントニーがクレオパトラにいった言葉からもわかるように「わたしの心はあなたの舵に縛られていた」神聖文字で残された古代エジプトの詩のなかにも、依存について同じような記述がある。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

恋に落ちる瞬間には選択の自由はない

「恋に落ちるのには選択の自由はない。恋する気持ちはいきなり生まれてしまう」。恋の寿命は一二か月から招かれてもいないのにでいきなりやってくる恋だが、去るときもすばやい。ヴェルディ作の悲劇『のなかで、ヴィ …

no image

原始的な人間の言語が徐々に発展していくと

わたしは、動物磁力の脳内回路が人間なりのかたち、つまりは恋愛のための脳内回路へと発達したのは、人類進化のこの時期ではないかと思っている。そう提案するのには、いくつか関連した理由がある。 原始的な人間の …

no image

新しいメスを連れてくるとヒナを育てた

繁殖期に入ったあと、ひと組のムジルリツグミのつがいが巣をつくり、そこに落ち着いた。ところがオスが餌を取りに出かけているあいだ、バラシュがオスのムジルリツグミの雛を果のわきの枝に設置した。 イエロースト …

no image

大切な要望を満たす相手を選ぶ

シェークスピアが描いたべアトリスとベネディック。ふたりはそれぞれ、他人から相手が自分を想っていると聞かされたのち、恋に落ちている。セオドア・ライクは、男も女も、自分の欠点をふくめて、自分にとって大切な …

no image

愛を抱く人たちは感情よりも興味について話すほうを好む

「ルーダス」は軽い性欲をともなう、おもしろ半分の変わり種。「ストルゲは、きょうだい愛的な、友人にたいするような愛で、感情の表出をともなわない、深く、特別な友情だ。こうした愛を抱く人たちは、感情よりも興 …