雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋人と過ごす時間

投稿日:

彼が公園でふと足を止め、春の新芽を指さしたときのこと。ドリンクをつくっているとき、彼女がぽんとレモンを放ってくれた夜。愛に取り憑かれた人にとって、そうしたなにげない瞬間が息づくものだ。

橋には、彼女の金髪が何本か絡まっていた。ド・トロアはこう書いている。「彼はその髪の毛をあがめるようになった。何百回も、何千回も、目で、口で、そしてほおでその髪に触れたのだ」。元樹はこう苦悩した。「どうしても片づけられないあの竹ござきみをわが家へ連れ帰ったあの夜きみが広げた竹ござだから」元種にしてみれば、あらゆるものが彼女を象徴していた。

恋人と過ごした時間を思い浮かべるだけで愛おしさがこみ上げてくる、という人なら何十億といるだろう。九世紀、中国の元績が詠んだ竹ござという詩のなかに、そんな感動的な例を見ることができる。

「恋する人間はその情熱ゆえ彼女の欠点までをも愛してしまう」とモリエールが感概をこめて語っている。まったくそのとおりだ。なかには、その欠点ゆえに相手を愛おしく思う人もいるくらいなのだから。

恋人の長所にたいしては

恋人の長所にたいしては、現実をはるかに超えて評価し、溺愛する。心理学者が「ピンクレンズ効果」とよぶように、色メガネを通して見てしまう。

一二世紀にクレティアン・ド・トロアによって描かれた物語ランスロあるいは荷車の騎士のなかでも、恋の情熱にともなう同じような例が登場する。物語のなかでランスロは、グイネヴィア王妃が随行者とともに通り過ぎた道端に、彼女の橋が落ちているのに気づく。

起きている時間の八割は恋人のことを考えている恋愛のおもな症状のひとつが、愛する人のことをのベつまくなし考えてしまうという。

恋に心酔しきった人間は、愛する人を過大評価し、なんでもないところを大げさにほめちぎったりする。しつこく訳かれれば、ほとんどの人が恋人のきらいな点をあげることはできる。ところが彼らは、そうした一面は大目に見たり、欠点は個性であり、逆に魅力的だ、と自分にいい聞かせてしまったりする。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

森で暮らしていたわたしたちの祖先

森で暮らしていたわたしたちの祖先に、好きなタイプの相手がいたはやがて人間の恋愛感情へと発達する、親近感のようなものである。人間が、いまのわたちと同じような、新たな精力とともに人を愛するようになったのは …

no image

利己的な体験価値追求者が不遜な態度でいるならば

あるすばらしい体験をした人が、そうした体験をしえたことに感謝の念をもち、自分と他人との共同意識の中で、その体験が、自分を通して人類に与えられたというようなやや表現がオーバーではあるが意識をもてるときは …

no image

気まぐれな人は飽きっぽい

友人をつくったり、それを維持したりするのも簡単だ。「気まぐれな」人は、飽きっぽい。恋人を手に入れると、落ち着かなくなってしまう。相手が逃げれば、追いかける。「執着タイプもいる。このタイプの人は、のべつ …

no image

内的な矛盾と外的な疎外条件とは切っても切れない関係

内的な矛盾と外的な疎外条件とは切っても切れない関係にあります、そして見た目にはそれとわからなくとも、ほとんど絶望的とも思える毎日を送っている人々が、決して数少なくない。とくに私たちは、平均からずれた場 …

no image

チンパンジーは性的に活発な動物

チンパンジーのように、優勢を得るために岩や棒を投げつけ、サルを狩り、肉をわけ、なわばりを略奪するために近隣のチンパンジー集団に戦いを挑んだりもしただろう。悪ふざけする輩もいれば、リーダーシップを発揮す …