雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

恋の情熱は目がまわるほどの感情の変化を生みだすことがある

投稿日:

恋の情熱は、目がまわるほど激しい感情の変化を生みだすことがある。を味わい、熱情が無視されたり拒まれたりすれば不安と絶望にさいなまれる。

スイスの作家へンリ・フレデリック・アミエルはこう書いている。「人は愛すれば愛するほど、苦悩する」インド南部に暮らすタミル人は、そうした不安な気持ちに名前をつけているくらいだ。彼らは恋にともなう苦悩のことを、陶酔やめまいや錯覚を意味する「マヤカム」とよんでいる。

相思相愛になりたいという強烈な欲望きみが夢に出てきてくれれば朝にはまた元気がわいてくるそうすれば夜のあいだに少しは報われる日中の絶望的な切望から」詩人マシュー・アーノルドも語っているように、恋する人は、相手にも同じように想われたいと切望するものだ。相思相愛でなければ、人はひどくもの足りなさを感じたり、うつろな気分を味わったりする。まるで肝心な部分が抜け落ちてしまったとでもいうように。

超自然的な存在

超自然的な存在を、あらゆる神々のなかでもっとも「長い歴史を誇り」、もっとも「あがめられ、もっとも「公正だ」と表現する者もいた。あるいは、愛の神は「若く」「繊細で「力強く」「善良だ」とたたえる者もいた。しかしソクラテスはちがった。彼はマンティネイア出身の賢い女性ディオティーマとの対話を持ちだして、愛の神を賞賛しはじめた。彼女はソクラテスに、愛の神は「つねに欲している」と語った。

相手と心を交わせたいという切実な思いは、紀元前四一六年にアテネで開かれた晩資会についてプラトンが描いたのなかでも印象的だ。その宴の晩、古代ギリシャの賢人たちがアガトーンの家に集まった。みんなしてソファでくつろいでいるとき、ある招待客が楽しい遊びを提案した。それぞれが順番に愛の神を表現し、ほめたたえようというのである。「つねに欲している」情熱的な恋愛の本質を、ここまでみごとにとらえた言葉はほかの文学には見つからないだろう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

モ・ベター・ブルースという悲劇映画

自己愛パーソナリティの悲劇ー映画「モ・ベター・ブルース」。才能はあるのに、このように自己中心的で、そのためにみんなから愛想を尽かされてしまう自己愛パーソナリティの悲劇を描いた映画に「モ・べター・ブルー …

no image

胸が痛い悲しみを背負いながら

わたしがそのことを知ったのは、ある朝、ニューヨーク州立大学の心理学研究室に足を踏み入れたときだった、と語るある先生。大きな会議テーブルの前で、バーバラは泣きじやくっていた。愛らしい彼女がそこまで胸を痛 …

no image

利己的な体験価値追求者が不遜な態度でいるならば

あるすばらしい体験をした人が、そうした体験をしえたことに感謝の念をもち、自分と他人との共同意識の中で、その体験が、自分を通して人類に与えられたというようなやや表現がオーバーではあるが意識をもてるときは …

no image

人情家と言われる人々の中に意外に潜む思い込み

人情家、涙もろい人、同情心のひと一倍強い人と言われる人々の中に意外に潜む思い込みというこの小さな狂いがもっとマクロな狂いになると、その人は妄想型のパーソナリティ障害と呼ばれる。その表情はほんとに心から …

no image

日常生活で自己の存在が疑いないようにみえるのは

あやふやな自己であるにもかかわらず、日常生活では自己の存在が疑いないようにみえるのは、ひとつには、知覚の恒常現象が働いて、自分に同じようにかかわっているものは、よほど変化していない限り同一に知覚する傾 …