雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子連れのアウトドアイベントでのポイント

投稿日:

子連れバックパッキングは、できるだけ早く始めよう。夜の職が降り、朝日が昇るのを、自然のなかで体験することは赤ちゃんにも多大な精神的影響を与えるのだ。トレイルを2~3キロ歩いただけで、魅力を楽しめる。子どもにとって初めてのバックパッキングは、家の近所からスタートしよう。森の奥まで行かなくても、思い出に残る体験はできる。実際に子連れバックパッキングをする前に、庭でキャンプのシミュレーションをやっておこう。

バックパッキングも短期間型にしよう。背負えないほど子どもが重くなったら、子どものハイキング能力に合わせて山行のプランを立てる。慣れるに従って、期間や距離を調節する。距離を歩くには幼なすぎ、背負って歩くには重すぎる。2~4歳児は一番難しい時期。ティーンエイジャーは、大人と同様に扱われるべきだ。能力を見極めて相応な責任を分担してもらおう。

ハンディのある子ども達

バリーとシャロンは大のアウトドア派。長男クリントとともに、ハイキングやカヌー、バックパッキングなどを楽しんでいた。ところが次男のカートが、生後4カ月で糖原病と診断された。複合糖類は体が受けつけないので、乳糖、果糖、燕糖を含まない食品に限られる。肝臓が血糖をため込んで外に出さない機能障害で、正常な血糖値を維持するためには、常に消化器官が働いている状態でなくてはならない。親にしてみれば、少しでもリスクを伴う環境へハンディのある子どもを連れ出すなど、とんでもないという恐れがある。

両親は24時間体制で大豆の調合乳をカートに授乳した。風邪をひいただけでも、カートの体は致命的な危険にさらされる。バリーとシャロンは、リスクのあるアウトドアへカートを連れていくのなら、そのリスクへの対策を徹底しようと考えた。24時間もあれば、正常な状態から死亡まで、一気に進んでしまう。彼らが出かけるときは、点満に加えて、救急医療に使われるブドウ糖液も携帯する。点満のやりかたを完全にマスターしたうえ、6時間以内に救急施設にたどり着けるような山行に限る。こうやって万全を期しておいてね、あとはとにかく、何も起こらないよう祈りアウトドアに出かけて行ったそうだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

六甲山の摩耶山の夜景

六甲山の北麓には名高い有馬温泉がある。「畿内最古」といわれ、豊臣秀吉が入湯したことでも知られる。樹齢二百年を超すといわれるスギの巨木の周辺の森を構成するのは、シイやアカガシといった常緑広葉樹の大味であ …

no image

天体観測初心者は双眼鏡がおすすめ-場所は車から

降るような星の下にやってきた、としよう。車を止めて、双眼鏡やシートを引っぱりし、安全な場所を確保したら、すべてのライトを消してしまう。そして、じっと待つ。人間の眼は、暗闇に慣れるまで、そのくらいはかか …

no image

今いるところを地図で発見するには?

動植物などを観察しながらのウォーキングは別として、目的地に達することが目標ならば、歩くときには必ず一定のペースを守ることが大切だ。歩き出してすぐは、できるだけゆっくりしたペースで、たとえば十五分ほど歩 …

no image

長距離ハイキングで子供に与える食事は何がいい?

ある調査によると、車で長期旅行をするような状況で食べたいと切望するものは、体がそれを求めているからだという。文明社会から長期間離れていると、ちゃんとした食事が恋しくてたまらなくなる。新鮮で、本当におい …

no image

山では気象の知識を得た上でさらに山での経験が重要になる

気象の知識を得た上で、さらに山での経験が重要になる。だから日帰り登山によって苦い経験を積むことは無駄ではない。気象による深刻な遭難を避けることができるし、そうすることで快適なウォーキングを約束できるか …