雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供との自転車ツーリングを楽しむポイント

投稿日:

子供との自転車ツーリングを楽しむポイント。
タンデム2台を家族で乗って、大陸を横断する、それが彼の息子だ、とある親。デイトリップを何度かやって、自転車に慣れよう。本格的なツーリングはそれからでも遅くない。普段から自転車はツーリング仕様にしておく。子どもでも自分の持ち物には責任を持つ。でないとこちらの頭が変になる。ファーストエイドキットを充実させ、必要そうなら特殊な薬(処方著など)も携帯する。

マッチョ志願やダイエット目的で、子どもは自転車に乗るわけではない。楽しければそれでいいのだ。トレーラーの牽引や重装備を予定している人は、トレーニングもその状態で。ルートや宿泊地など、彼らの希望を取り入れる。子どもがいるから、走行距離を半分か3分の1に縮めて計画する。外国の医療施設には頼らない。プランニングには常に子どもも参加させよう。子どもの小さな体は渇きやすい。水分と食料はたっぶり補給する。休憩はひんばんに。防寒も大人より気を使って。

絵日記をつけるよう勧めてみよう

自分の自転車やトレーラーを、自分流に飾らせてあげよう。子どもの体は脂肪が少ないから、自転車に乗っていると冷えやすい。大人の炭水化物主義を子どもに押しつけない。子どもには脂質の摂取も必要だ。使い捨てカメラを買って、子ども達に持たせよう。自分で写真をコレクションするのは楽しい。旅先での記念やお土産をテープで貼りつけてもいい。絵日記をつけるよう、勧めてみよう。羽根やらボタン、木の枝などは、子ども達が見つけた宝物。1日の達成距離を地図にマークしよう。

また、ティーンエイジャーの場合なら、彼らは、身体的にも技術面でも大人とほとんど変わらない。親はその辺をきちんとわきまえて同等に扱うこと。自分の好き嫌いもはっきり見えてきた。自分にとって楽しいこと、やりたいことは、人の意見を待つまでもない。両親や妹達とのキャンピングなんて、薄味すぎて物足りないかもしれない。遊びの流れも変わり始めるだろう。微妙な変化をも敏感に察知して、子どもの興味の方向を見定め、つきあってあげよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山で現在地がわかるように地図を広げてながめることから始めてみよう

べテランはガスがかかって視界が悪い時などでも一瞬のガスの切れ目などを利用して絶えず現在地を確認しているものです。ぜひ地図を広げてながめることから始めてもらいたいと思います。見通しがよく、天気もよい時に …

no image

メイン州に登山に登ったある家族

大人のような強さ、スタミナ、意思の力は、子どもにはない。大きくなるにつれ、自分でできることも増えてくるが、ひとりよがりも発生する。メイン州のカタディン山に登ったある家族は、目指す洞窟に向けて男の子(8 …

no image

コロラド・トレイルで谷間にキャンプを張ったときのこと

コロラド・トレイルで、谷間にキャンプを張ったときのことだ。1歳になる長男プライスの姿がしばらく見えない。包み込むように優しい風が、陽にさらされた髪と、長い羽毛のような花弁を揺らしていた。手にした花をそ …

no image

山を読む、山を見る-ルート(コース)維持と現在地の把握

・山を見る、山を読む ルート(コース)維持と現在地の把握では、地図と周囲の風景を対比させることが必要になります。登山能力、技術に関係なく方向感は道の屈折状態に支配される結果が得られたとあります。一方で …

no image

川辺などの危険が伴う場所でのキャンプの注意

ビューポイントや川辺など危険を伴う場所では、到着前後に子どもと話し合って、どこまで行っていいか、何をしていいかを決める。小さな子達は常に大人と手をつないで行動すること。もっとも、危険かもしれないからと …