雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供が山で低体温症の症状になってしまわないために

投稿日:

山では、子供が低体温症の状態になってしまうこともある。初期症状はひどい悪寒、めまい、言語不明瞭、シャツのボタンをかけるなど機械的な動作ができなくなるなど。場所や時刻に関係なく、その場ですぐテントを張る。まず親が気づいてあげて適切な処置を行う。儒れたウェアは全部脱がせ、熱い飲み物を与える。子どもの体調と天候に目を光らせていれば、そう簡単に低体温症にかかったりしないはずだ。

子どもをシュラフに入れ、それでも温まらないようなら親も裸になってシュラフに入る。予防には最善を尽くそう。ぐったり疲れきる前に休む、お腹が鳴るほど空腹になる前に食べる、冷えてくる前に暖かいウェアを重ねる、そして親としては、自分自身も気をつけて体調万全でいれば、いざというとききちんと動ける。初期の患者はたいてい自覚症状がないままで、自分では元気だと思っている。

熱射病は体の冷却機能がうまく働かないために起こる

また、熱射病は、体の冷却機能がうまく働かないために起こる。幅吐したり、子どもなら瞳孔が拡大したりする。吐き気、頭痛、めまい、皮膚提色、そして呼吸が浅くなるなどの症状が現われる。日陰の涼しい場所に患者を寝かせ、脚を高くしてウェアを緩める。熱射病の予防としては、まず十分な水分補給があげられる。冷たく濡らしたタオルで顔や体を冷やし、水を飲ませる。バンダナを濡らして首回りや顔を冷やす。

チャンスがあれば何度でも、冷たい水に頭を突っ込む。帽子も忘れずに。子どもが自分で選んだお気に入りの帽子なら、嫌がらずにかぶるはずだ。日中の一番暑い時刻には、水辺でシエスタして体を休める。子どもの顔の赤らみに気をつける。小川等があれば水泳の時間をとろう。原因を調べ、愛情を込めて、現実的かつ科学的な対応をしよう。暑い、寒い、そのほかの不満は、また駄々をこねてると聞き流さない。もしも子供が熱射病になりかけているのに気づかないようなことになっては大変だ。よく様子を見ておこう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のゴミ問題-持ち帰りは今や常識です

・ゴミは持ち帰るべし 現在では、ゴミの持ち帰りは常識になっています。山に限らず、きれいな方が気持ちはいいに決まっているから、登山者も学習してきたということでしようか。昔々、日本の山はゴミだらけでしたが …

no image

新しい1・5万図を購入したらどのようにして実際に使用するか?

新しい一・五万図を購入したら、どのようにして実際に使用するか。私の場合、まず余白(といっても、地図名、凡例、縮尺目盛りなどが記載されている)はふだん使わないから、その四隅を裏面側へ直角に折り込む。それ …

no image

キャンプ場での色々な注意点

キャンプ場での色々な注意点などについて紹介していこう。キャンプ場に着いたらまず、キャンプ場管理事務所に行って受付をすませます。多くの場合、テントを張る場所は指定されているが、もし自由に選べるとしたら、 …

no image

長時間体が濡れることが最も危ない

山では、どんな意味でも長時間濡れることが最も危ない。雨やみぞれで濡れるだけでなく、自分の汗で濡れるのも危険なのである。体が濡れると、たとえ自分は猛烈に暑く感じていても、体温は着実に下がっている。登山に …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …