雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供の正しい教育はアウトドアで行うこともできる

投稿日:

あらゆる手を尽くして子どもの機嫌をとっても、効果がまるでないときはどうしよう。かんしやくを起こされたら?アウトドアでどうやって子どもを律しよう?かんしゃくとは、たまったフラストレーションの爆発だ。アウトドアで子ども達が得る経験の大きさを考えれば、多少の自己犠牲は払う価値がある。そして実際、内容こそ違え、学び成長しているのは子ども達だけではない。夫とのしっとりした愛の時間なんて、旅行中は冗談にも望めない。

子ども達が小さくて手のかかる時期だから、これもやむをえない。就寝前の読書もほとんどない。子ども達がやっと寝ついたら、そのあとは日記を書くので精一杯。だんだん知的会話の能力に自信がなくなってくる。子どもが一緒の旅行では、高尚な思考が入り込む余地はない。日記のページは毎日びっしり埋まっても、哲学的な記述は皆無だ。なんといっても私達はこのすばらしい子達の親なのだし、彼らだっていつまでも子どものままではいてくれない。クルマの中、当時2歳の娘は突然金切声でわめき始めた。

納得のいく説明をされればたいてい従う

そのとき決めたルールがある。運転している者の集中力を妨げ、不倫快な気分にし、さらにほかのクルマの警報が聴こえないので、クルマの中で大声で叫んだりわめいたりは禁止、ということだ、とある家族。何かとんでもなく不快なことが彼らを襲っている。罰することではないので、だいたいは無視してテントの中など安全な場所に連れていく。よほど甘やかされた駄々っ子でもないかぎり、納得のいく説明をされればたいてい従う。

この娘の場合、私達はお説教抜きでクルマを停め、シエラ以外全員がクルマから下りた。彼女が落ち着いておとなしくなるまで外で待っていたわけだが、自分だけ取り残されるのがよっぽどこたえたのか、こんなことは二度としなくてすんでいる、とその家族。アウトドアに子供を連れ出したら、大変なことは多いが、どうぞイライラしないで付き合ってあげましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山での上り下りの優先、注意点など

登り始めると山から下りてくる人とすれ違います。このすれ違いにも暗黙のルールがあります。自由にすれ違える広い道では構いませんが、狭い道ではどちらかが脇によけます。よける時は、原則は山側によけます。下りる …

no image

不測の事態への対応-ガチガチに緻密な計画を立てても無理なこともある

アイルランドでのサイクリングは、雨だのなんだのにたたられはしたが、パーカー家にとってかけがえのない経験だった。パーカー夫妻は2人とも、ちゃきちゃきの自転車野郎。でも、子ども達とのサイクリングには、勇み …

no image

歩くトレーニングはどこででもできる

ふだん電車やバスで通勤していて、いきなり山に入って歩くのは大変つらいものです。久留米医科大学にある先生という方がいらっしゃいました。この方は駅の階段などを電車を待つ間に何度も何度も歩いていたそうです。 …

no image

山で動物に出くわしてしまう危険

山で動物に出くわしてしまう危険。 幼い動物たちの持つ本能的な好奇心をしばしば人間が親愛の気持ちと見誤り、そこから多くの事故が発生することがある。クマは、人間があまり近づき過ぎたりすると好奇心が恐れに変 …

no image

山の知識、教養-子ども達にしっかりと教えてあげよう

枝や茂みの突き出たところを通るとき、押さえておく。火の起こしかた、水の探しかた、避難場所の探しかた。山でのいろはを教えるのに、早すぎるということはない。子ども達だけで、あまり先に行かせないこと。視界か …