雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供とスキー場に行く際の注意点

投稿日:

子供との楽しいスキー。だが気をつけたいことはたくさんある。スキーで気をつけたいのは防寒保温、傾斜が難しくないこと、そしてブーツなどの装備が快適であること。これをはずせば、子どもがスキー嫌いになるのも時間の問題だ。子どもに楽しんでほしければ、ああ、クロカンって、本当に最高だよねっ!というムードづくりが不可欠だ。親がせかせかしていたり、イラついていれば、子どもにもそれが伝わってクラくなる。

せっかくの旅行がだいなしになるような危険要因には手を出さずに、ゆったりしたプランニングで臨もう。クロスカントリーのギアを購入する前に、アウトドア用品店やスキーセンターのレンタルをチェックしてみよう。レンタルコーナーのスタッフに身長と体重を告げると、むこうでびったりのサイズを出してくれる。レンタル料は高くないし、毎年新しいモノを買うよりはお得だ。

ストックなど持たずに腕を動かして

5歳以下のちびっ子達にとって、ストックは邪魔なだけ。ストックなど持たずに腕を動かして、板に神経を集中させているほうが、はるかにスイスイやれるようだ。手脚のコーデイネーションまで考えてスキーできる年ではないし、転んだときにからまって自力で立てなくなる。スキー板サイズは、5歳以下なら身長で選ぶ。長め/短めのチョイスがあるなら、迷わず短めを選ばう。子どもにとってはバランスと安定感が大切なのだ。ワックスレス、これに限る。子供にスピードは必要ないからだ。

5歳以下なら、防寒・防水のスノーブーツでOK。足がすぐ大きくなるからって、大きめのブーツを買うなどはもってのほかだ。これをストラップ・ビンディングで板に留める。また、5歳ぐらいで、ストックを与えるようになったら、使いかたを教えてあげよう。その場合、長さは身長に応じて短めのものを。小さい子のゲレンデは、平坦な場所に限られる。ということは、ストックで安定感を得る必要もないわけだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供に自然の中で感動体験をさせるためなら

自然のなかで自由に走り回る、裸になる、泳ぐ。そんな経験ができないのでは、その子の子ども時代は完璧とはいえない。子ども達はすぐびしょ濡れになり、木綿のシャツでも着ていようものなら体が冷えて風邪をひきかね …

no image

布オムツのキャンプなどの際の洗い方や保管方法

キャンプに行った際の、赤ちゃんの布オムツの対策では、バックカントリーに入ったら、おむつは尿と便のを分けて、各々の汚物袋に保管する。夕方キャンプ設営後、1日分のおむつをすすぐ。便おむつ用袋は2枚重ねに。 …

no image

子供連れの旅行の持ち物で大事な持っていく食べ物の内容

車での子供との長旅。道中は心に余裕を持って。そうすれば家族のハーモニーが深まること受け合いである。休憩時には毎回きちんと水分補給をさせよう(1~2時間ごと)。気温が低いと大人でさえこれを忘れがちだ。糖 …

no image

動物たちはきわめて内気でわれわれ人間を避けている

夜半になってパラついていた雪もすっかりやみ、山も森も眠ったように静まり返る。暗いはずの森の奥は風もなく、穏やかな星空の下で銀色に輝いている。そんな翌朝は、動物たちの足跡を追う、つまりトラッキングのチャ …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …