雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子ども達には刺激が必要-現在の1秒を生きている

投稿日:

子ども達には刺激が必要だ。大人はただ目的地のことを考えるだけで気分が高揚するが、子どもは現在の1秒を生きているのだ。子ども達にとって、おやつタイムはハッピータイム。時間のロスに加えて多少の出費はあっても、この平和、この笑顔にはかえられない。暑いときが一番イライラしやすいのだ。アイスクリーム等、冷たいお菓子も利用しよう。買ってもらえると思うとワクワクして、クルマの中に座りずめのふさいだ気持ちが和らぐようだ。

すごく暑い日や雨の日には、体のストレッチも兼ねてエアコンのよく利いたショピングモールで散歩するのもいい。ファストフードのお店にも、遊具を併設しているところがある。高速の出口付近に、その旨を宣伝する看板があるはずだ。ただし食べ物を買うハメになる。走り回る、岩に登る、落ち葉をつかまえる等、休憩時には子ども達のエクササイズを促そう。ハイキングガイドの本をクルマに積んでおき、ひんばんに利用する。

山道では登山口がないか探しながらドライブする

登山口でピクニックをし、その後ちょっと散歩するだけでもいい。山道では、登山口がないか探しながらドライブする。軽く山歩きができれば、立派な休憩になるからだ。ドライブ中は子どものほうがじっとしているので、たまったエネルギーをこの機会に発散させてあげたい。また、子ども向きのツアーやテーマパークが近くにあれば立ち寄ろう。ボールを使うのもよいアイデアだ。刺激こそが、機嫌よく旅を続けてもらう秘誌なのだ。

そして親はむずかる子どもにぐったりさせられるか、休む間もなくご機嫌をとり続けるかしかなくなる。1日中クルマの中にいたあとでは、夕方の6時にもなると子どものガマンも限界だ。ハイキングだろうとカヌー、自転車だろうと、ききわけのよさもこの辺の時刻が境界線である。日程は早めに切り上げて、まだ日のあるうちに子ども達が体を動かせるようにすれば、就寝時もはるかにスムーズにいく。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

レンズ雲などの雲の種類

・レンズ雲 レンズ雲を見たときには、すでに辺りにはかなりの風が吹いており、その後はさらに強烈な風に見舞われる。強い低気圧の接近や活発な前線に伴って現われるから、その後、強風を伴った大雨となるのである。 …

no image

雪山は簡単に思えるかもしれませんが

雪山は簡単に思えるかもしれません。北アルプスの冬でも天気がよく、トレースがある時は夏よりも楽な時があります。正月には営業している山小屋もあり、ラッセルができなくても登れます。雪山の技術はこの雪に対する …

no image

白根山は日帰り登山におすすめ

低山は一般的な目安として、およそ一~二時間も歩けば山頂に達するのがふつうだろう。単純に標高だけでなく、山頂までの距離、つまりアプローチの長さにもよるが、中高年の体力でもまったく間題なく山頂に立つことが …

no image

雲ひとつない空からいきなり雨になることもある山の天気

雲一つない青空に、巻雲が出現すると、低気圧がこちらに向かっているというサイン。空を見上げて、雲の様子を観察する観天望気は、登山中とても重要なチェック項目です。雲底が下がって高層雲となり、どんより暗くな …

no image

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レ …