雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子ども達には刺激が必要-現在の1秒を生きている

投稿日:

子ども達には刺激が必要だ。大人はただ目的地のことを考えるだけで気分が高揚するが、子どもは現在の1秒を生きているのだ。子ども達にとって、おやつタイムはハッピータイム。時間のロスに加えて多少の出費はあっても、この平和、この笑顔にはかえられない。暑いときが一番イライラしやすいのだ。アイスクリーム等、冷たいお菓子も利用しよう。買ってもらえると思うとワクワクして、クルマの中に座りずめのふさいだ気持ちが和らぐようだ。

すごく暑い日や雨の日には、体のストレッチも兼ねてエアコンのよく利いたショピングモールで散歩するのもいい。ファストフードのお店にも、遊具を併設しているところがある。高速の出口付近に、その旨を宣伝する看板があるはずだ。ただし食べ物を買うハメになる。走り回る、岩に登る、落ち葉をつかまえる等、休憩時には子ども達のエクササイズを促そう。ハイキングガイドの本をクルマに積んでおき、ひんばんに利用する。

山道では登山口がないか探しながらドライブする

登山口でピクニックをし、その後ちょっと散歩するだけでもいい。山道では、登山口がないか探しながらドライブする。軽く山歩きができれば、立派な休憩になるからだ。ドライブ中は子どものほうがじっとしているので、たまったエネルギーをこの機会に発散させてあげたい。また、子ども向きのツアーやテーマパークが近くにあれば立ち寄ろう。ボールを使うのもよいアイデアだ。刺激こそが、機嫌よく旅を続けてもらう秘誌なのだ。

そして親はむずかる子どもにぐったりさせられるか、休む間もなくご機嫌をとり続けるかしかなくなる。1日中クルマの中にいたあとでは、夕方の6時にもなると子どものガマンも限界だ。ハイキングだろうとカヌー、自転車だろうと、ききわけのよさもこの辺の時刻が境界線である。日程は早めに切り上げて、まだ日のあるうちに子ども達が体を動かせるようにすれば、就寝時もはるかにスムーズにいく。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

カヌーツーリング-おすすめは慎重に慎重を重ねた気楽なプラン

カヌーツーリング。 子ども連れのツーリングには慎重に慎重を重ね、短期間の気楽なプランでスタートする。カヌーでは、なんといっても怖いのは、分不相応に野心をたぎらせている人。つまり無謀ということ。リスクの …

no image

登山用ストックの使い方

・ストックは他人に、自分に、自然に優しく使うべし 山の中でのストックの使い方ですが、ストックは上下運動させるような使い方を基本とします。登りでは後ろの人が、目の前にストックの石突きが飛んで来るのでびっ …

no image

ハイキングに行く際の子供の服はどんなものがいいか?

子供がハイキングに行く際に着せる服は、どんなものがいいか。寒い季節には、何をおいても必要なのは新素材のタートルネックだ。最近のフリース人気でデパートでも類似品が買えるが、アウトドアメーカー製のほうが、 …

no image

糖原病の子供-アウトドアに対する情熱でハイク

ある家族のお話。アウトドアに対する情熱は、バリーとシャロンにとっては体の一部とさえいえる。生後4カ月で糖原病と診断された。原因は軽い風邪でも、そのせいで消化機能に支障をきたせば、発作を起こして取り返し …

no image

梅雨明け十日の意味-夏山合宿で初めての剣岳

梅雨明け一〇日の山登り(剣岳、穂高岳)梅雨の末期には、集中豪雨もありますが、梅雨が明けた後、好天が長く続くことがあります。この時期は、雪渓もそんなに汚れておらず、尾根の緑も美しく、何より高山植物が満開 …