雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供の成長過程で挑戦するバックパッキング

投稿日:

ある家族のバックパッキングの話。ジェフ・リッキーの子連れバックパッキングは、タフさが違う。奥様のジュディに腕力が期待できないから、ジェフが全装備を背負ったうえ、赤ちゃんトーマスを前掛けのキャリアで運んだ。オーバーヒートしがちな体温も、ジェフがキャリアのお尻部分を持ち上げて自分の体から離し、通気をよくして不快度を軽減。そんな調子で、トーマスが2歳になるまで、4日間のトリップを繰り返したそうだ。

前掛けキャリアを使えば、ジェフ・リッキーのように1人ですべてをこなすことも不可能ではないが、子ども本人が、背負っている人の苦労を理解してくれていると、とても助かる。子どもが1歳半以下ならば、大した問題は起こらない。1人がキャリア担当者、もう1人が装備負担者というのもこれまでと同じ。登りは誰でも大変だが、ちびっ子トーマスもあまり好きではなかったらしい。

足取りは当然重くなる

トーマスの成長に伴い、抱きかかえるジェフの足取りは当然重くなる。平坦なトレイルでは、どんどん歩くよう息子を励ました。不必要にぐずって親を困らせたり、突然キャリアのなかで動いてこちらのバランスを乱したりしなくなる。トーマスをキャリアで運んでいるときは、移動もゆっくりなので、フットワークに支障をきたさない。そろそろまた歩いてみるか、とトーマスが思えば、おりると父親に合図する。

下りは楽しい、登りは楽しくない、そう口ずさんでいるのを聞くと、ああ抱っこしてほしいんだな、と、ジェフにはわかったという。ジェフに休憩が必要なときも、積極的に降りてくれる。相互協力がそこにはあるのだ。休憩中はいろいろおしゃべりしたり、トーマスが軽く仮眠をとることもある。4歳児のトーマスは、ディパックすら持って、自力で全行程を踏破するように至上命令が課せられていた。先シーズンの名残りで父親に抱きつくこともときどきあったが、休憩をたっふりとればもう大丈夫。彼も強くなっていた。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

下り坂の疲れにくい歩き方

山道では、傾斜にもよりますが、やはり速度を落とし、歩幅を狭くし、静かな重心移動を心がけます。下りですが、重力に任せてドスンドスンと下る人がいます。筋肉が鍛えられていないところにこのような着地をすると、 …

no image

登山靴選びの注意点やポイント

登山スタイルの善し悪しなどは生死に関わらないが、靴だけはきちんと選ぶべきである。足の痛みの原因の多くは、足幅である。幅が狭い靴を履いていると、足の甲を形成している内部の指骨が横から圧迫され、次第に激し …

no image

アウトドアで子供が勉強できることはたくさんある

アウトドアでは、子供に教えられることは本当にたくさんある。キャンプファイヤーを利用して正しい火の扱いかたを教え、気をゆるめたら山や森がどうなるのか話し合った。松ぼっくりの種はいかに発芽し親木の陰で幼木 …

no image

日本には山岳四団体と呼ばれる団体があります

日本には山岳四団体と呼ばれる団体があります。いずれも全国的な組織です。登山者の安全のため、利益のために各山岳会が集まって山岳協会、山岳連盟を構成しています。山岳保険に関すること、山登りの技術に関する講 …

no image

登山生活の技術を磨いている人は意外に多くない

泊りがけの登山をしますと、実は歩いている時間よりも食事を作ったり、食べたり、休憩したり、睡眠している時間の方が長い。いよいよ山の魅力に取り付かれた方は、どうしても次のステップを目指したくなると思います …