雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

子どものおもちゃを上手に整理する方法

投稿日:

・子どものおもちゃを上手にまとめる

スッキリと一まとめにして片づけるには、針金ハンガーと洗濯用の四角いネットが役に立つ。子どものお風呂用おもちゃは細かいものも多く、棚などに置いておくとシャワーで流れですぐにどこかへ紛れ込んでしまうこともある。ビニールコーティングされた針金ハンガーを、ペンチを使って肩の部分をまっすぐに伸ばす。まっすぐになったら、今度はネットの幅と同じ寸法のところで直角に曲げる。そのとき、ネットの幅の中心にハンガーのフックがくるようにする。余った下の部分も、きれいに直角に曲げてできあがり。ネットのファスナーを開けてハンガーを中に入れ、フックを編み目から外に出す。これを吸盤付きのフックに引っかけておけば、中身も一目でわかるのでとても便利。ときどき、ネットごとシャワーをかけて洗ってやると清潔も保てる。出し入れも、ファスナーを開け閉めするだけでいい。

ホウロウ浴槽の傷を応急修理

傷から水が入り、さびてしまう。ホウロウの浴槽は、手入れがラクなのはいいが、いったん傷がついてしまうとちょっと面倒。もしも、掃除中に小さな傷を見つけたら、とりあえず透明マニキュアを塗っておこう。水の浸入を防ぐので、さびも防げる。もっともこれは応急処置なので、できるだけ早く修理することが大切。大きな傷の場合は、マニキュアでは応急処置も無理。こんなときはホウロウ用の補修剤を使って補修するしかない。

おもちゃの整理にはカゴも役立つ

1~2個のうちはまだ普通のラックに置いておけるが、それ以上増えてくると、専用の収納カゴを用意してその中に入れておいたほうがいい。子どもがいる家庭では、浴室にもいろんなおもちゃが増えていく。カゴは100円ショップで売っているようなプラスチック製のもので十分。浴室の壁にタオルハンガーを取りつけ、カゴの左右にはS字フックをつけておく。このフックでタオルハンガーにつるし、中におもちゃを入れるようにすると、水切れもよくぬめりもつかない。ときどきは、カゴに入れたままシャワーをかけておもちゃを洗い、カゴのままつるして干せば清潔に保つことができる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

指輪をまとめて収納できてしまう裏ワザ

せっかくのお気に入りをムダにしないよう、保管には十分気をつけよう。いくら素敵な指輪でも、傷がついてしまっては台なしだ。ジュエリーボックスの指輪入れに入れておくのがいちばんいい方法だが、もっていないか、 …

no image

大工の初体験

私の20代は、「私に合った仕事ってなんだろう?」と転職に次ぐ転職の繰返しだった、と語るある女性。数えてみたら、これまでに15種類ぐらいの仕事をしてきただろうか。いわゆる女性向けの仕事である事務職がだめ …

no image

ゴミ箱の臭い対策は新聞紙で行うと効果的

・ゴミ箱のニオイを防ぐには 暖かい季節になると、朝出したゴミのニオイが夕方には悪臭になってしまうことがある。この悪臭対策には新聞紙を使うといい。せっかくフタ付きのゴミ箱を使っていても、開けると嫌なニオ …

no image

タイルの目地のカビ取り方法

タイルの目地についたカビを取るには、塩素系カビ取り剤を使います。カビのある場所にスプレーし、1時間ほどおいてからふき取ります。落ちていないようならもう一度。このとき、窓を開けるなど換気をよくしておきま …

no image

タンスの奥行がバラバラな場合はどうする?

・奥行きがバラバラなタンスはどうする? 自分の好みや気分に合わせて家具を揃えていくと、家具の大きさがまちまちになる。今は、居住スペースも影響してか、ブライダルセットでタンスを揃える人はそんなに多くなく …