雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供とのお出かけ-ぐずったりごねたりには何か隠れた理由がある

投稿日:

子どもがぐずったりごねたりには、たいてい何か隠れた理由がある。私達親はそれを見極める責任があるのだ。クルマを降りて休憩したいのだろう、と私達は考えた。そしてブライスが激しく幅吐するまで、クルマ酔いによる胃痛が問題だったとは気づかなかった。日なたにクルマを停めてしばらく休憩に出、車内が熱くなったときには、タオルや枕カバーで座席やシートべルトの金属部があつい。チャイルドシートの真ん中あたりが窮屈だと、延々不満を述べていた。そんなはずはないのに。誰かが譲歩を強いられるとすれば、それは当然私達親であるべきだ。エアコンの冷気に備えて、セーターか毛布を持参しよう。

お昼寝のとき足元が冷えるようならこれをかける。全然クルマに酔わない子だっている。酔いやすい子のために、この種の薬を常備しておくのもよいのでは?何日もドライプが続くと、子どもはクルマ疲れしてしまう。子どもが2歳以上の場合、服用量を少なくすれば、市販のクルマ酔いの薬でも安全だ。子どもに素人判断で薬を処方するのは気がとがめるが、要はどちらをとるかだ。

大きすぎる都市は

大きすぎる都市は、公園がみつけにくくて時間を浪費してしまう。高速を降りて街に入ったらすぐガソリンスタンドに寄り、手ごろな公園について聞いてみる。子連れママやパパもAクラスの情報源だ。少なくとも2時間半に一度は、休憩のために公園を探す。まずクルマを走らせながら、前方に大きめの街はないか地図で調べる。子ども達が安全に走り回れる公園、ジャングルジム、少年野球の練習場は、ほとんどどこの街にもある。休みに入った小学校も穴場。何か遊具があるはずだ。

それに休憩をたっぶりとって遊ばせると、またクルマに乗るのを嫌がらない。事前に休憩スポットの下調べをしておくと楽だ。サービスエリアの設備は芝生とピクニックテーブル程度だし、子どもから目が離せない。子どもはたっぶり遊べて親はのんびり、やはり公園に勝る休憩所はないようだ。いずれにしても、こんな休憩を盛り込むと、A地点からB地点への移動という感じがしなくていい。旅のルートが決まったら、途上および目的地の市の観光課に問い合わせよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

テントの主流は何か?病気などしないように常に乾燥させる

アウトドア用品は、絶対に衝動買いしてはいけない。長く使え、壊れにくく、コストパフォーマンスのよいものをじっくり選びたい。これは安い!ということで、衝動的に安物を購入するのは、危険な場合もある。ショップ …

no image

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 …

no image

登り優先が登山のルールだと誰が決めたの?

・登り優先は絶対的なルールではない 狭い山道で、登る人と下る人とがすれ違うときは、登り優先とされています。と書くと、登り優先がルールかのように思われるかも知れませんが、それはルールだとは思っていません …

no image

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子。 ほんの10分でいいから、静かなパドリングを楽しみたい、それが私の願いだった、とある母親。同じようにカヌーをしていても、興味の対象や忍耐力は子どもによ …

no image

山での遭難にはGPSが役に立つ

地図といえば、かつては国土地理院発行の五万分の一の地形図が一般的であった。だが、最近はもっぱらその倍の縮尺の一万五〇〇〇分の一の地形図がふつうとなった。そして、この地形図は三色のカラーで印刷されている …