雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子どもが子どものままでいてくれるのはほんのわずかな間だけ

投稿日:

アイルランドの7日間で、息子が自分の限界に直面しかけたのは一度だけ、とある家族。これでもかという土砂降りで寒く、20分おきにねえ、あとどれくらい?と父親に尋ねた。伴走車はすでに、今夜の宿に向かって先に行っていたから、とにかくひたすら自力で走り通すしかない。父親から返ってくる答えはそればかり。パブに寄り、食事をして休むと、息子も元気を回復したようだった。

4歳の娘にとって、自転車トレーラーは自分の部屋同様、居心地のよい場所だった、とある家族。ぬいぐるみや絵本をいつばい持ち込んであるし、移動中の揺れは軽やかに眠りを誘う。息子は8歳。タンデムの後部サドルでよくがんばった。子どもの能力は日々、多大な変化を遂げている。それを知るためにも、ときどき彼らの限界をつついてみる必要がある。雨がなかなかやまないときには、娘もトレーラーから伴走車に移り、母親が引く荷物は娘の体重ぶん軽くなった。自分の力量を把握することは、子どもにとってもためになる。

アドベンチャーの一部

親子双方にとってハッピーな体験とはいえないけれど、これもアドベンチャーの一部。子どもが子どものままでいてくれるのは、ほんのわずかな間だけ。でも、今築き上げる思い出は生涯生き続け、大切にされるもの。重要なのは、引き際を知ること。チャレンジも、親である私達が励ましてあげれば、比較的容易に乗り越えられる。子どもの健康や安全に差し障るなら意味がない。

日本に戻ってから息子とタンデムしようと思っても、なかなかうんと言ってくれない。刺激に欠けるのだそうだ。親は苦笑する。でもアイルランドでは、すっかりはまっていた。のめりこんでいた。息子にとって、それは目標達成の喜びにつながり、その興奮と緊張感のおかげで最後までがんばり通せたのだ。毎朝、息子が1日のルートを蛍光べンでなぞる。24時間、子どもとべったり過ごすことに慣れているお父さんは少ない。息子もその1人だったけど、この旅行は本当に楽しかったという。息子は次の旅行に向けて、もう血が騒いでいる。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

トレイル-山登りガレ場で体力を消耗しないための足運び

ある家族の話。ハリス家のみんなとハイキングしたときのこと。上からトレイルに沿って流れてくる瀬があり、それを見つけた子ども達はすっかりはりきってその瀬づたいに登っていった。その早いこと、元気なこと。頂上 …

no image

規律を守らせるには-押しつけないで守らせる

テントなしの野営の場合、子ども達も怖がるかもしれない。日が暮れても、引率者の心労は終わらない。深夜までおしゃべりが続いて、こちらが睡眠不足になってしまう。子ども達は皆、この新しい体験にすっかりハイにな …

no image

山小屋とはどんなところ?

山小屋というのはどんなところなのでしょう。通年営業、季節営業、週末営業などがあり、計画時に確認しておくことが必要です。開設期間と予約開設期間は山小屋により違ってきます。予約しなくてもいい場合も多々あり …

no image

ハナミズキはタマネギ形のつぼみを形成する

ブナのつぼみは、小さな槍に見える。ハナミズキは、タマネギ形のつぼみを形成する。こんなときはルーペが役に立つ。小枝を丹念に調べることができるからである。葉の落ちた跡を薬瓶というが、これがさまざまな顔や生 …

no image

障害のある子どもとのアウトドアでの接し方

ある主婦の話。ハンディのある子どもとアウトドアに出かける家族。彼らとのインタビューは私にとって目ウロコ体験だった。キャンプひとつをとっても、目的地を決める前に知っておくべきことがある。車椅子でも大丈夫 …