雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子どものニーズを満たすにはなすべきをなせが黄金のルール

投稿日:

アウトドアでは、ふだん通りにはいかないし、いくら子どもの適応力はスゴイといっても、彼らのニーズは変わらなく切実なのだ。子どものニーズを満たすには、なすべきをなせ、が黄金のルール。これを無視したり看過しては後で自分が惨めな思いをする。ひたすら努力あるのみだ。夜の安眠のためお昼寝をカットするなら、その時間帯を休憩に当てよう。移動していると、キャリアや自転車、カヌーの心地よい振動が眠気を誘ってしまう。

毎日決まって午後2時ごろ、彼女はぐったりしてしまう。まぶたが重くなって船を遭いでいる。でなければひたすらききわけのない子に大変身だ。1日クルマにいて子どもが興奮気味なら、就寝前ののんびりタイムを充実させよう。フルスピードの子どもを急停止させるのは大変だ。体を動かしたり、飲食に興じる。眠気は覚めてリフレッシュし、あと数ロの道のりを元気にこなせる。お気に入りの枕や毛布、ぬいぐるみ等を使い、安心感を醸造しよう。う生まれたときから愛用している子羊皮の敷布を持っていく。

眠りのパターンが多様になるのは

眠りのパターンが多様になるのは子どもにとって好ましくないが、これはかりは避けて通れない。就寝時刻は大事だ。いつもより夜ふかしすると、子ども達の体内時計が狂ってしまうのだ。翌日は朝遅くまで眠いままで、1日中ご機嫌斜め。それが何日か続けば、単に機嫌が悪いにとどまらず、病気にだってなりかねない。キャンプ地を移動して眠る場所が変わると、聞こえてくる物音やまわりの雰囲気で居心地のよさも違ってくる。体を寄せ合って本を何冊か読んでいるうちに、彼らもリラックスしてうとうとやり出す。

寝かしつける間に、本を読むとか歌を唄うとか、あるいはお話をするとかの習慣があるのならそれもいつも通りする。キャンプでは、朝日がまぶしくていつまでも寝てはいられない。夜、早い時間に寝かせるのは大仕事だが翌朝報われる。スケジュールは臨機応変に調整するにしても、睡眠不足だけは夜取り戻すように努力させょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山での上り下りの優先、注意点など

登り始めると山から下りてくる人とすれ違います。このすれ違いにも暗黙のルールがあります。自由にすれ違える広い道では構いませんが、狭い道ではどちらかが脇によけます。よける時は、原則は山側によけます。下りる …

no image

ガイドブックをよく読んでその案内に従ってプランを作り上げる

・ガイドブックをよく読むべし たいていの人が、ガイドブックをパラパラとめくって、花がきれいだの、展望がいいだのという惹句に後押しされて、登るべき山を決めると、それで安心して本を閉じてしまう。ガイドブッ …

no image

登山は文化-歴史的なことを紐解くようになり興味は広がっていく

・山登りは文化 横断山脈と呼ばれる地域(チベットや雲南省、四川省そしてミャンマーの辺り)の山、特に未踏峰に関することはもちろん、山、地域の呼び名、読み方、発音に関することなど多くのことを調べている人た …

no image

子供とのお出かけ-ぐずったりごねたりには何か隠れた理由がある

子どもがぐずったりごねたりには、たいてい何か隠れた理由がある。私達親はそれを見極める責任があるのだ。クルマを降りて休憩したいのだろう、と私達は考えた。そしてブライスが激しく幅吐するまで、クルマ酔いによ …

no image

キャンプにはランタンがおすすめ

夜のキャンプには、ぜひとも欲しいものがランタン。ランタンは、キャンプの色々な場面で役に立つアイテムである。さまざまなタイプのものがでてるが、ストーブとの燃料統一ができるものを選びたい。ただし、必要以上 …