雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子どもも大きくなれば寝袋を大人用にしたほうがいい

投稿日:

アウトドアでテントを張ったら、子供をシュラフで寝させることもあるだろう。息子のブライスは、寒いとシュラフの奥まで潜ってしまい、酸欠になりはしないかとハラハラさせた。私達は夜中何度も気になって目を覚まし、彼を引っばり上げたものだった、とある主婦。ドローコードを絞って肩の冷えを防ぎ、ウエアの詰まったスタッフバッグを枕元に置けば、寝相が悪くてもシュラフから簡単には出られない、とある主婦。

3~4歳になれば、アイソメトリックを教えてみよう。両手の平を合わせて押し合い体温を上げる、というくらいは自分でできるようになる。すごく寒ければポリプロピレンのタートルネック、極寒地用ポリプロピレンのシャツ、パンツ、それに靴下やバラクラバをつければ朝までほかほかだ。小さなうちは暑くても発汗しないことがある。息が暖かく湿っていたら気をつけてあげよう。夜間に子どもがシユラフからもがき出ようとしたり、腕を投げ出したりするのは暑すぎる。

子どもも大きくなれば大人用シュラフを購入する

子どもも大きくなれば、大人用シュラフを購入する。ぴったりフィットするのに時間はかからないはずだ。両親の身長が平均なら、子どもにも普通サイズでいい。もう一つ、お薦めしたいのは吊り下げ式の浄水フィルター。家族全員が使う水をフィルターでポンプアップするのは、気が遠くなる作業だ。でも、これだとバッグを吊り下げて1時間ほどすれば、浄化水ができ上がる。そのほかへッドランプは明るくて両手があくのでとても便利。

雨の中でのテント設営や撤収もしやすい。子どもは感染しやすく、一度感染したら受けるダメージも大きい。だから絶対安全な水しか飲ませない。そのためにも万全のバックアップが必要だ。手動ポンプか錠剤式の浄水方法も、万が一に備えて持っていくこと。アウトドアでは、子供が体調を崩してしまうこともあるので、万全の装備で行くようにしよう。山などで子供が体調を崩すと、大変だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供との自転車ツーリングを楽しむポイント

子供との自転車ツーリングを楽しむポイント。 タンデム2台を家族で乗って、大陸を横断する、それが彼の息子だ、とある親。デイトリップを何度かやって、自転車に慣れよう。本格的なツーリングはそれからでも遅くな …

no image

天体観測初心者は双眼鏡がおすすめ-場所は車から

降るような星の下にやってきた、としよう。車を止めて、双眼鏡やシートを引っぱりし、安全な場所を確保したら、すべてのライトを消してしまう。そして、じっと待つ。人間の眼は、暗闇に慣れるまで、そのくらいはかか …

no image

登山難易度3級のコースをチェックしておくこと

・難易度3級のコースをチェックしておくべし 09年夏、映画剣岳点の記でブレークした剣岳。登山者が増えた分、事故も増えました。日本の山の一般コース上に難易度3級の箇所はあまりありません。しかし、ある所に …

no image

リーダーシップ・フォロワーシップ・メンバーシップの重要性

2009年、大雪山系トムラウシ山低体温症により8人が死亡するという山岳遭難事故の中間報告が提出されました。その中に、参加者個人の意見は言わないのが暗黙のルールという指摘がありました。それってちょっと違 …

no image

ファーストエイドキットの中身を充実させよう

アウトドア・ガイドブックで、キットの基本装備を検討し、子ども用のものを加えていく。子どもに合わせたファーストエイドキットを充実させよう。バンドエイドは最重要アイテムだ。バンドエイドは平和の使者なのだ。 …