雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供のかんしゃくやイライラ、ホームシックなど

投稿日:

今ここにないモノを懐かしく思い、そのありがたみを理解し、それが手に入れば恵みとして感謝することは、幼い子にもできる。長期旅行に出発する1週間前、娘が今度いつ、おうちに帰ってくるの?と聞いた。しばらくは帰らないのよと私。3歳ではまだ時間の概念が育っていないから、大丈夫、ママもパパもプライスも一緒だから、旅行中でもおうちにいるのと同じよ。こんなその場しのぎでも娘は満足そうだった。

旅行が始まって1カ月半。家が恋しいと彼女は言い始めた。私達親は気をもんで、旅の終盤までこのゲームはおあずけだなと考えた。トレイルでよくやったお部屋ゲームが影響したのだろう。ところが雨が降り、寒くなる。すると家族全員で家を恋しがるのだった、とある家族。自然のなかでは、平和とハーモニーが人にしみ込むのだろう、お行儀がよくなっても不思議ではない。もともとアウトドアではあまり問題を起こさない子達で、私達は比較的楽でもある。子ども同士で険悪なのは、かんしゃくとは別ものだから、何らかの懲罰が必要となる。

ホームシックを経験する

うちではスタッフバッグの上にそれぞれ座らせて、タイムアウトとする。相手からちょっとしか離れていなくても、動くことが禁じられているので効果は高い。ブーツを履いたまま寝たいとごねて、翌朝はかぶっていたバラクラバがかんに障ったらしい。かぶったり脱いだりを繰り返したあげく、泣いて騒いでついには魚のようにバタバタ身を踊らせ暴れた。私が抱っこしようにも、えびぞりで逃げようとする。

疲労が一番の原因だろう。しかたがないからシュラフを敷いたままのテントに彼を残し、気がすむまでそこにいさせた。しばらくすると、私が抱いても抵抗しなくなり、親指をしゃぶって何もなかったのようだ、とある家族。ホームシック。これを経験するのは悪いことではない。子ともの人生は、毎日が変化に満ちている。成長によって親に近づくかと思えば、その後すぐに離れてしまう。しかし自分のありかたをみつめるチャンスがあれば、昔家族で一緒に楽しんだ世界に帰ってくるはずだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レ …

no image

ハイキングなどで持っていく子供のおやつに関する注意点

赤ちゃんにお薦めの食品は、全粒粉クラッカーの加糖していないシリアルレーズンなどのドライフルーツ・果物、自家製板ヨーグルト低脂肪チーズ。どんなときも、ティッシュ同様忘れてはならないのがおやつ。離乳食が食 …

no image

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする

国土地理院の1/25000地図に書き込みをする。 俳句や短歌、詩、スケッチ、絵手紙などを趣味とする人も、ベースは書き込みのある二・五万図だ。現地では天候が良くないときもある。歩くことに必死なときもある …

no image

子連れのアウトドアイベントでのポイント

子連れバックパッキングは、できるだけ早く始めよう。夜の職が降り、朝日が昇るのを、自然のなかで体験することは赤ちゃんにも多大な精神的影響を与えるのだ。トレイルを2~3キロ歩いただけで、魅力を楽しめる。子 …

no image

登山は決して競争ではない

・競争しない、自慢しない 標準的なコースタイムという目安があります。例えば、山形の月山の8合目から山頂まで、ガイドブックによると標準タイムは3時間です。それを2時間半で登ると勝った、3時間半かかると負 …