雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供の海外旅行経験で現実をしっかり受け止める心構えができる

投稿日:

赤ちゃんとハイキングに出ると、大変なことは多い。動きたい盛りの赤ちゃんには、キャリアのなかは窮屈かもしれない。お昼寝したくても、どうしても気難しくなってしまう。そして涙、涙。赤ちゃんのレスキュー役を1人はつけておかなければならない。それでも1人っ子なら、背負って歩ける大きさのうちはバックパッキングを続けていける。生後すぐからキャリアを使って慣れていると、この時期の問題も軽くてすむようだ。

1泊の予定で、キャピトルリーフ国立公園のバックカントリー入りしたときのことだ。猛暑の急登トレイルで、息子は多くの荷物を背負っていた。非常時のキャンプサイトとしては、どうにかそうなスポットが崖際にあるだけ子ども達の年齢が近いと、キャリアがふたつになって、1泊するだけの装備も持てなくなる。楽しくもなんともない。ゴールのキャンプ地まで4キロ。絶対無理だと思った。どんなにがんばっても、ちっとも距離が縮まらない。悩みに悩んだ夜を過ごして、翌朝私達が考えついたのはサイクリングだった、とある家族。

絶景である日没と日の出を堪能

また、サウスウェストのフォー・コーナーズ地方に行ったとき、娘は8カ月で、うなるほどあるトレイルが私達を待っていた、とある家族。入っただけでキャンプできるところを、現地のレンジャーに教えてもらい、この地の絶景である日没と日の出を堪能した。砂漠に照りつける陽射しも和らぎ始める秋だ。同じサウスウェストの1泊行でも、キャニオンランド国立公園には正反対の思い出がある。

キャニオンの壁に映し出される稲妻のライトショー、雲間から差すまぶしい陽光、二重の虹、すぐ目の前で喉を潤すオオツノヒツジ、黄旨のきらめき、夜を隅々まで照らす月光、そして、朝日の美しさに言葉も失う夜明け。たかだか4キロ歩いただけにしては、悪くない体験だった、とある家族。それまでは、子どもの重みにうちひしがれ、自己葛藤にひたることもあったけれど、こんな経験を重ねると、現実をしっかり受け止める心構えもできてくるのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

足音を立てない歩き方がエネルギーの無駄遣いを防ぐ

街中では、ファッションモデルほどではないにしても、ほぼ一直線上を歩いています。格好はいいですが、ちょっと不安定。山道では、肩幅くらいに二本のレールを想定して歩きます。フラットフッティングしようとすれば …

no image

えびの高原ではススキが穂を出し始めている

えびの高原ではススキが穂を出し始めている。この時期の尾瀬を彩るのは、サワギキョウやミヤマアキノキリンソウだ。九月に入ると、すぐに北海道の旭岳ではチングルマが綿毛をまとい、秋の到来を告げる。 下界は暑さ …

no image

山の知識、教養-子ども達にしっかりと教えてあげよう

枝や茂みの突き出たところを通るとき、押さえておく。火の起こしかた、水の探しかた、避難場所の探しかた。山でのいろはを教えるのに、早すぎるということはない。子ども達だけで、あまり先に行かせないこと。視界か …

no image

高山植物は山を特徴づけている

森には、寒冷な気候に適応した針葉樹林、冷涼な気候に適応した落葉樹林、温暖な気候に適応した照葉樹林などがある。生物分布帯ができ上がる理由は、主に気温と雨量によって影響を強く受ける植物が生育しているから。 …

no image

自転車トレーラーの旅の魅力と難しさ

自転車トレーラーでの旅を計画したいあなた。しかし、自転車トレーラーを牽引するとなると、気軽なサイクリングとは、ずいぶん勝手が違ってくる。トレーラーが後ろにあると、走行幅は少なくとも60センチ必要だ。路 …