雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

子供の頃は激しい運動は避けるほうがいい理由

投稿日:

よく「三つ子の魂、百まで」といいますが、これは「大事なことは、3歳までにキッチリ教え込め」という意味ではありません。「3歳までにその子の基本的な欲求を満たして、魂の基礎をきちんとはぐくんであげると、その後の健全な発達がスムーズにおこなわれる」という意味です。

まだものごとを理解できない子どもにしつけをすると「拒否された」「愛されていない」と感じさせ、そのストレスは子どものこころの成長をジャマしてしまいます。これでは、子供の成長に悪影響を与えかねません。ですから、気をつけないといけないのです。3歳までは、自己中心的でOK。欲求をきちんと満たしてあげましよう。

あと、元気に外を走りまわっているくらいならよいのですが、子どもの時期に本格的な運動をすることはおススメできません。それは、こころを弱くすることにもつながります。見た目にはしっかり成長したようでも、関節の靭帯や筋肉の腰など、まだまだ未完成で弱い部位があるのです。

病気になったときなど、たんに「元気が出たい」というだけでなく、こころにさまざまな問題がっていきます。病気になる→気力が落ちる→こころが散漫になり、ものごとを疑うようになる→不満が生じる→自分を簡単に満たそうとして、快楽に走る→安想が生じる。

子どものうちは激しいスポーツをさせない

現実を正しく認識して、適切な判断をし、ふさわしい行動をとることができなくなって、人生が混乱したものになります。もちろん、それではこころの幸福を十分に手にすることができません。

子どものうちは激しいスポーツをさせず、大事に、繊細に、からだの完成をサポートしてください。からだが未完成なうちにハードな運動をすると、障害を起こしたり、充分な発育ができなくなることがあります。

子ども時代に、鍛えることを目的にハードな運動をしてしまうと、弱い部位に問題を起こしたり、成長がスムーズにおこなわれなくなったりして、かえってからだを弱くしてしまいます。また、からだはこころとリンクしているので、からだが弱ると、連鎖的にこころも弱くなります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

自分に自信が持てない場合はいっしょにいる人を選ぶことが重要

自分に自身が持てず、人といると気後れしてしまう人の場合、いっしょにいる人を選ぶことは大切です。ビッタが悪化しているような人といると、熱烈に励まされたり、厳しく叱咤されたりして、ますます調子を悪くしかね …

no image

瀉血の効果は絶大-色々な病気の回復例

彼女はもともと極度の不眠症で、いつも強い睡眠薬を肌身離さず持ち歩いているほどでしたが、それがくっすりと眠ることができた。ある女性は若い頃からひどい肩凝りに悩まされていて、肩がカチコチになってどうにも動 …

no image

生理の前の便秘になるという人が多くいる

生理の前の便秘になるという人が多くいる。 女性の場合、「生理の前になると便秘になる」という人が多くみられます。便や生理の排準には、下腹部のヴァータの働きがかかわっています。下腹部のヴァータが、下向きの …

no image

逆さ仏現象なるものが起こっている!?

寿命四十一歳説を述べた学者がいます。先生は「食」を中心とした人間の生き方を歴史的科学的に解明する「食生態学」を確立し、昭和三十四年生まれ以降の日本人の平均寿命は四十一歳だという衝撃的な警鐘を鳴らされま …

no image

周波数発生器でエネルギーバランスを整える効果

周波数発生器は、あらゆる病気を百パーセント治すといっても過言ではからず、痛みもなく、費用も高くないが、FDAによって非合法化されて治療師たちは訴追を恐れて病気治療をしていることを表立っては言わない。こ …