雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

子供の頃は激しい運動は避けるほうがいい理由

投稿日:

よく「三つ子の魂、百まで」といいますが、これは「大事なことは、3歳までにキッチリ教え込め」という意味ではありません。「3歳までにその子の基本的な欲求を満たして、魂の基礎をきちんとはぐくんであげると、その後の健全な発達がスムーズにおこなわれる」という意味です。

まだものごとを理解できない子どもにしつけをすると「拒否された」「愛されていない」と感じさせ、そのストレスは子どものこころの成長をジャマしてしまいます。これでは、子供の成長に悪影響を与えかねません。ですから、気をつけないといけないのです。3歳までは、自己中心的でOK。欲求をきちんと満たしてあげましよう。

あと、元気に外を走りまわっているくらいならよいのですが、子どもの時期に本格的な運動をすることはおススメできません。それは、こころを弱くすることにもつながります。見た目にはしっかり成長したようでも、関節の靭帯や筋肉の腰など、まだまだ未完成で弱い部位があるのです。

病気になったときなど、たんに「元気が出たい」というだけでなく、こころにさまざまな問題がっていきます。病気になる→気力が落ちる→こころが散漫になり、ものごとを疑うようになる→不満が生じる→自分を簡単に満たそうとして、快楽に走る→安想が生じる。

子どものうちは激しいスポーツをさせない

現実を正しく認識して、適切な判断をし、ふさわしい行動をとることができなくなって、人生が混乱したものになります。もちろん、それではこころの幸福を十分に手にすることができません。

子どものうちは激しいスポーツをさせず、大事に、繊細に、からだの完成をサポートしてください。からだが未完成なうちにハードな運動をすると、障害を起こしたり、充分な発育ができなくなることがあります。

子ども時代に、鍛えることを目的にハードな運動をしてしまうと、弱い部位に問題を起こしたり、成長がスムーズにおこなわれなくなったりして、かえってからだを弱くしてしまいます。また、からだはこころとリンクしているので、からだが弱ると、連鎖的にこころも弱くなります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

三食きっちり食べることで健康を維持しよう

三食キッチリ食べることで健康を維持し、メタボを防ごうという考え方があるようですが、どなたにとってもそれがいいとはいえません。人にはそれぞれ、もともとのアグニの強さに違いがありますし、そのときの体調によ …

no image

何故痩せてる人と太ってる人がいるのか

医学、健康、病気、肥満のこととなると、結局は誰にも本当のところは分かっていない。なぜ太っている人とやせている人がいるのか、理由誰にも分からない。炭水化物を減らせという専門家もいれば、問題は食品の食べ合 …

no image

飢餓状態の断食で得た大きな健康効果

もともと人類の歴史を振り返ってみますと、つい最近まで三百万年の間はつねに飢餓の時代でした。私たちの祖先は、氷河期、大雪、日照り、洪水、動乱、戦争などによって起こる飢えの時代を生き抜いてきたのです。こう …

no image

グレープフルーツのペクチンの動脈の斑を減らす能力

グレープフルーツには、コレステロール値を下げる力があるという。グレープフルーツのペクチンの動脈の斑を減らす能力は、コレステロール値を下げる力とは別個のものと、ドクター・セルダは確信しているようだ。水溶 …

no image

ストレスは病気になる原因の大きな要因の一つ

ストレスは沈黙の殺人者だ。単純な言い方をすれば、ストレスはマイナスエネルギーを握って離さない。ストレスがあると体内の方々にマイナスエネルギーがたまる。それが筋肉を硬くし、体を酸性にする。エネルギーが届 …