雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

子ども服-カジュアルで活発とピシッとお嬢様風など

投稿日:

子ども用だからといって、大人のセンスとまったく一線を画すのも、どうかと思います。キャラクターがドーンと出ているようなカラフルな洋服はちょっと、というのが正直な感想。基本的に、私が好きな子どもの着こなしは、子どもらしさと品のあるコーディネートです。

カジュアル用の服は、GAPやアニエスb、をよく利用します。中でも便利なのが、アニエスb、のスナップボタンのカーディガンとミニスカート。娘の場合、学校がある日はアメリカンカジュアルで活発な子どもらしく、お出かけのときは、イタリアものでピシッとお嬢様風に、を着こなしの基本にしています。毎年成長を続ける子どもには、びったりのアイテムと言えるでしょう。

着心地良く、ジャブジャブ洗濯しでもOK。多少ゆとりのあるサイズを購入しでも、そんなにブカブカに見えないし、逆に、翌年少し小さくなっでも、伸縮性のあるスエット地なので、なんとか着こなせます。八〇年代に大流行したスナップカーディガンと言えばああ、あれ!と、思い出す方も多いかもしれません。まさに、あれの子どもバージョンです。

寒くなってきたらカーディガンをプラス

娘も、夏はこのスカートとシンプルなTシャツで、少し肌寒くなってきたら、カーディガンをプラス、というように真冬を除いた3シーズン、使い回しています。単品でも、スカートとカーディガンのセットアップでも楽しめ、ちょっとしたおでかけにも使えます。

子どもらしいけど、大人と歩いでも浮かない、定番的なデザインも優秀です。便利な一着ですよ。また、高価な子ども服は三年着られるかどうか、が目安です。こういった少し高価なお出かけ着を買うとき、一二年着られるか、否かが判断の基準になります。といっても、袖や丈の長い、動きにくそうな服を着せたくはありません。ブカブカの服を着せるのは、私は反対。子どもにも、サイズの合った服の着心地のよさを体験させたいと考えています。

これは、ある主婦の方のお話でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

お手本になる女性を見つけよう

大人のセクシーさとエレガンスセクシーエレガントクール。仕事で私が作るスタイリングを、こんな言葉で表現していただくことがあります。スタイリスト冥利に尽きます。私の理想としている女性像が、まさにその通りな …

no image

女性はメンテナンスによってきれいになれる

私が最近気になっているのは、手入れ美人。その言葉てまず思い浮かぶのが、よく仕事てこ一緒させていただいている、ある女優さんです。美しい人。これに当ではまる条件は、人に顔の造形だけでなく、心、動作、声、表 …

no image

お直しで洋服を復活させよう-多少料金がかかってもやる価値はある

たとえば、何年か前に活用した台形シルエットのスカートがあったとします。素材も上質で、色も気に入っている。だけど、今年はタイトスカートがはきたい気分なので、タンスの肥やしに。そんなときは、いっそのこと、 …

no image

正確な足のサイズがわからない人はいませんか?

・自分の足のサイズを正確に知っていますか? 同じサイズでも、メーカーやデザインによって微妙な違いがあります。それにもかかわらず、あまり気にしないことが多い。現在の靴下は多少の伸縮性があるだろう、と安心 …

no image

アーガイルセーターを着こなしてみよう

・アーガイル・スエーターを着こなすコツ アーガイル柄のスェーターを着たことがありますか?時にダイア模様と表現されることもあります。アーガイルはスコットランド西部の旧州名、アーガイルシャーに因んだ名称だ …