雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供の不安や怯えは必ずしも年齢のせいではないと気づく時

投稿日:

サイクリング中、長さ800いほどのトンネルに出くわした。真っ暗でひんやりしている。ずっと向こうの出口にアーチ型の明りが小さく見えるだけだ。一寸先は闇だし、昔ラバが歩いたような細い凸凹道を自転車を押しながら進まなくてはならない。ときどき脇を流れる運河の水面が、その明りを反射している。子ども達は闇を怖がり、母親が唄を歌ってあげたのだろう。私達も同じようにしながら、昔の旅人に思いをはせた。状況を子ども達にも説明しよう。

ママ?ママ?親がちゃんとそこにいるか確認するように、何度も呼ぶ。横にある木造のガードレールには、運河の船をラバが曳いたころについたロープのあとがあった。空模様が怪しくなれば、雨具の準備をする。そういう思考回路を身につけるのに、さほど年月を要しない。深刻な状態だと、大人である私達だって不安を押し殺すのは難しい。でも親だっていつも平静でいるわけじゃな子どもが認識するのはよいことかもしれない。こっちへ来て。袖に腕を通してと命令すれば、ごねたりせずに素早く協力してくれる。

小さな子どもの場合

不安や怯えは必ずしも年齢のせいではないと気がつくだろう。一緒に恐い思いをすれば、家族の絆も自然と深くなる。小さな子どもの場合、真夜中に目が覚めたとき、自分どこにいるのかわからなくて怯えることも多い。ルイストン家のキャンプでは1歳半の息子のミニシュラフを、両親の枕元に接するよう横向きにして置いた。ムニュムニュ言っていたが、しばらくしてから小さな手が伸びてママとパパの頭にさわり、そしてそっと手は引っ込み、安らかな寝息が聞こえてきた。子ども達が恐怖心を独力で処理することもある。

スイスアルプスで派手な雷雨に襲われたとき、パパ・ルイストンはすぐ隣りのテントで眠る3歳の娘と4歳の息子に声をかけた。2人で私のシュラフを使ってるの外は大嵐、そんなテントの中で怯えるとき、子ども達は陽光に舞う美しいチョウなどをイメージし、頭の中で平和な世界を作り上げる。大丈夫か?大丈夫よ、パパ。この嵐を乗り越えられる、僕達は大丈夫なんだ、そう信じたいのだ。目を閉じて横になり、話し合いながらそのイメージを膨らませるのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

5歳くらいになればデイパックに荷物を入れて持たせよう

5歳くらいになれば、デイパックに荷物を入れて持たせよう。子ども本人も役割を担っているような気がするし、スタミナもつく。普段から一緒にハイキングしていれば、子どもの限界はおのずとわかる。こんな目安に頼る …

no image

子どもをバックカントリーに連れていくとき一番大切なこと

自分と子どもの性格を分析してみよう。新しい環境に適応しやすいタイプの子は、変化に恐慌をきたしやすい子より、山でも断然楽につきあえる。小さな子が1人しかいないときが、子連れバックパッキング志願者には狙い …

no image

登山の記録係はリーダーだけがつけるのではなく一人一人がつける

記録は記録係やリーダーだけがつけるのではなく、一人一人がつけたいものです。登山記録のものさし休憩の時にきちんと記録をとる人を見かけます。とてもよい習慣だと思います。時間だけではありません。雷鳥がいた。 …

no image

ノウサギ観察-せっかく見つけたが走り去ってしまった

せっかく見つけたノウサギが走り去ってしまったからといって、慌てることは狙ない。そこからは体力勝負である。ゆっくりと着実に出来たてホヤホヤの足跡を追っていけば、ときどき彼らの姿を見つけることができる。 …

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …