雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供連れの旅行の持ち物で大事な持っていく食べ物の内容

投稿日:

車での子供との長旅。道中は心に余裕を持って。そうすれば家族のハーモニーが深まること受け合いである。休憩時には毎回きちんと水分補給をさせよう(1~2時間ごと)。気温が低いと大人でさえこれを忘れがちだ。糖分の多いソフトドリンクは極力控える。食べることは子どもにとってワクワクするエンターテイメントだ。バックカントリーではアウトドアに真剣に取り組んでいると、子ども達の食欲はすごい。

1時間半ごとの休憩のたびに何か食べているし、行動中もモグモグやっている。うちの子は2人とも、テーブルとべンチの間の、あの隙間から落ちた経験がある。オートキャンプには、ポータブルの子ども用高椅子を積んで行くことにしている。ピクニックテープルとべンチの間は高さがありすぎて、小さな子達は苦手なのだ。この椅子があれば少々目を離していても大丈夫。ただし、この椅子、使用後にまた積み込むのを忘れないこと。長期旅行では、どうしても保存食に頼らざるをえない。

バックカントリーにも足を延ばすなら

たとえばビーナツバター、クラッカー、ドライフルーツ、ナッツ、ジャーキー、カロリー補助食品等。オートキャンプをしながらバックカントリーにも足を延ばすなら、食料を行動中用と車中用に分けておく。でないと、重いガラスびん入りのジャムをハイキングにかついで行くハメになる。子どもの好きなお菓子の中から、へルシーなものを選んで携行する。短期旅行なら、果物やパン、チーズ、野菜スティックやクッキーなど、鮮度が勝負のアイテムをできるだけたくさん持っていく。

ただし生肉は、外気温が冷蔵庫並みに低くないかぎりやめておこう。栄養のないものからカロリーをとってもしかたないし、普通の水よりこっちを好きになられても困る。味つきでないと嫌だと子どもがごねて、結果的に脱水症状を起こしては元も子もない。旅行前に試して、子どもの反応をみること。好みがわかって計画が立てやすくなる。健康食品店等で手に入るカロリー補助食品は、子どもが喜び、とくにクチャクチャかんで味わう類いに人気があるのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山のパーティーの役割や編成

・パーティー編成 先頭はサブリーダークラス、二番手に弱い人、最後はリーダーがついて後ろからメンバーの動きを見るのが基本です。行動中はパーティーの一番弱い人が中心になります。先頭の人はパーティーのペース …

no image

胎児にエクササイズ運動はどう影響するのか?

母体の活動に対し、胎児心音がどう変化するかを研究した結果がある。自転車エルゴメーターでのエクササイズ中に、超音波で胎児心音をモニターしたものだ。エクササイズは、母体にはいろいろよいことがあるが、胎児に …

no image

子供の自然体験の教育効果

自然や他者への配慮がまったくない風景に、子ども達の心は傷み、不倫快を隠さない。そしてローインパクトのトイレ・テクニックに納得する。すなわち仮設トイレがあればそれを利用する、排池物や汚れ物の処理は、トイ …

no image

ハイキングに行く際の子供の服はどんなものがいいか?

子供がハイキングに行く際に着せる服は、どんなものがいいか。寒い季節には、何をおいても必要なのは新素材のタートルネックだ。最近のフリース人気でデパートでも類似品が買えるが、アウトドアメーカー製のほうが、 …

no image

山での汚物の問題-果たして持って帰れるものなのか

日高山脈の盟主、離脱岳は日本百名山の一座。日本百名山の著者深田久弥さんは、新冠川を遡り、七つ沼カールにテントを張って一泊した翌日、腕尻岳の頂に立ちました。日高山脈の七つ沼カールは、登山者の聖地です。一 …