雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

投稿日:

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レインウエアのフードが顔にかかって視界がさえぎられるのを嫌がる。野球帽やサンバイザーなどでこれに対しょう。こうすると雨が降っていても顔は濡れないし、フードが前に垂れてこない。

ずっしりしたビニールのレインコートもよくみかけいうえに透湿性ゼロで、歩いていると蒸れてくる。山では風雨が一緒に襲ってくることが多く、ポンチョはまったく防風の役に立たない。だいいち、学校にすら着ていかないものが、山で活躍するはずがない。体は小さくても、人間工学的な差はない。脇の下の透湿べンチレーション、縫い目の露出をなくすテープ処理、ゴムの袖口や足首はスナップで絞り調節可能など。

大人ならどんどん歩いて暖めることができるが

足が冷え、濡れてしまっても、大人ならどんどん歩いて暖めることができる。幼児はそんなわけにいかないので、常に気をつけてあげたい。子どもの濡れた靴下を、歩きながら乾かすこともできなくはない。濡れた部分を直に肌に当てるようにして、レインパンツのウェストゴムにはさみこむ。つまり体温で暖めるわけだ。雨の中で子どもを背負えば、レインパンッからのぞいた足首がザックカバーでも十分覆えず、濡れてしまうことがある。靴下の上にビニール袋を履いて、袋の口をレインパンツの裾に入れるというテもある。

足を入れやすいカフ、足首を保護するハイカット、トラクション・ソール等が備わっていれば言うことなし。子ども用ハイキングブーツは革と布を併用したものが多く、濡れやすい。スパッツなどがあると便利だ。これぞまさしく親の愛。人間乾燥機としてときには3足ずつ腰からぶら下げることもあるけれど、そこまでしてでも絶対に確保しておきたい、それが気持ちよく乾いた靴下なのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …

no image

登山の記録係はリーダーだけがつけるのではなく一人一人がつける

記録は記録係やリーダーだけがつけるのではなく、一人一人がつけたいものです。登山記録のものさし休憩の時にきちんと記録をとる人を見かけます。とてもよい習慣だと思います。時間だけではありません。雷鳥がいた。 …

no image

日本には山岳四団体と呼ばれる団体があります

日本には山岳四団体と呼ばれる団体があります。いずれも全国的な組織です。登山者の安全のため、利益のために各山岳会が集まって山岳協会、山岳連盟を構成しています。山岳保険に関すること、山登りの技術に関する講 …

no image

アウトドア-子供の遊びは時間はずいぶんかかる

年長の子ども5~8歳という年齢は、一生懸命背伸びして大人と同じようにやろうとする年ごろだ。何でもやってみたいし、1人でできるか試してみたい。自分も立派な家族の一員と認められ、発言力があることを確信した …

no image

自転車トレーニングの効果で旅行を充実させる

自転車旅行の際、自転車に合わせた快適な衣類は必需品だ。とはいえ、いきなり高価な装備は必要ない。普段から自転車好きの家族でも、旅行前のトレーニングで鍛えてからトライしよう。家族の力量、道路やトレイルの状 …