雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

子供にアウトドア体験をさせるには?

投稿日:

子どもがアウトドアを愛し、健康でいるためには、日ごろからウォーキングを習慣づける。駐車場から店までの距離しか歩かないような生活をしていると(しかも往々にして店の入口に一番近い所に駐車スペースを選びがち)、脚を使うことは喜びでなく大仕事に思えてくる。アウトドアとは仲直りの舞台、平和な場所だ。外へ行こうよ!そう言って喧嘩に水をさし、そしてたちまちわだかまりは霧散する。

小さな子どもには人形の乳母車やおもちゃのショッピングカートを押させて歩く。姉の家では子とも達が走り回り、互いを追いかけ回し、大人をうんざりさせていた。こんなときこの子達を外に連れ出していたら、室内に戻ったときもっと静かに仲よく遊べたはずだ。我が家の子ども達はよく歩く。放牧しているラマに餌をやったり、庭の小屋から新を取ってきたり、夕方には鶏小屋で卵集めをするのにもついてくる。親戚や友人を訪ねたら、テレビを消してコートをはおって散歩に出かけよう。食べてばかりで動かない、年末年始の集まりなんかに試してみるとよい。年上の甥っ子はいつも途中でギブアップして、抱いて帰るはめになった。

体をストレッチするといっても

体をストレッチするといっても、サービスエリアではクルマとお手洗いの距離を往復するのがせいぜいだ。子ども達は自然を発見し、外にいる楽しさを体験する。クルマでの旅行中はトレイルを備えた公園で休憩をとるようにしたい。子どももアドベンチャーを楽しめる。小さな思い出の破片が積み重なって、子どもの成長過程には大きな影響を与えるのだ。

早ければ早いほどよい。気候のよい季節には、お誕生会も公園やヒクニック施設で開こう。私達の場合は、友人との集まりも、誰かの家でただ座ってお茶をいただくのではなくて、何かをしながら集まりを兼ねるようにしている。自転車と子ども用トレーラーをクルマに積み込んで友達とピクニックしたり、仕事の後軽くツーリングしたりする。こんな計画を立てると、思い出はもっと豊かにいつまでも心に残るものだ。これこそ人生の最もナチュラルなありかたに思えてくるし、子ども達も文句を言うまい、とある主婦は語っていた。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

モズは高鳴きとは違うさえずりを歌う

モズは高鳴きとは違う「さえずり」を歌う。求愛である。つまり、「縄張りの誇示」のためには速賛を使うことはないだろうと思う。争いに勝った個体は、いわゆる「モズの高鳴き」をする。小枝の先で「ギギギギーッ」と …

no image

ウォーカーのトレーニングの一歩は「歩き」

山に行くと、よく林道を通って目的地の入口に近づくことがある。ちょっと見通しのよいところから先を見ると、林道がはるか彼方にまで伸びており、目的地はまったく見えない。こんな光景に出くわすと、もうそこで精神 …

no image

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高 …

no image

登山の基本技術は習得しておいたほうがいい

・基本技術を習得しておくべし ある人は、冬の赤石岳や聖幅を登りました。ネパールヒマラヤにも挑戦してみました。社会人山岳会である昭和山岳会に入会し、登山のイロハを学んだ。岩登りや雪山登山技術をマスターし …

no image

アルピニズムとは登山という意味です

・危機管理は自分の頭で考えるべし 昭和30年代、登山に夢中になっていた日本の若者たちの憧れは、リオネル・テレイ、イ・ラシュナル、ワルテル・ボナッティ、ガストン・レビュファといったヨーロッのアルピニスト …