雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

コーヒー、紅茶、緑茶は注意、タバコは厳禁

投稿日:

・コーヒー・紅茶・緑茶は注意、タバコは厳禁

嗜好品として知られているコーヒー、紅茶、緑茶、タバコ。コーヒー、紅茶、緑茶にはタンニンという成分が含まれていて、鉄と結合することで鉄の吸収を妨げてしまいます。皮膚の再生に重要なビタミンCを消費するので、抗酸化力も低下し、しみ、くすみの原因にも。タバコは美肌にとって百害あって一利なしと肝に銘じて、禁煙に努めましょう。タバコに含まれるニコチンは毛細血管を収縮させ、血行不良を引き起こし、胃腸の粘膜を荒らして、消化・吸収を鈍らせます。毎月生理のある女性には多くの鉄分が必要なので、飲み過ぎには注意しましょう。

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という抗酸化成分が含まれるほか、香りによるアロマ効果もあります。しかし、カフェインも多く、飲み過ぎは胃腸に負担をかけて、アドレナリンなどの分泌を促すので、1日1杯を目安に楽しみましょう。

美肌のためのアルコールとの素敵な付き合い方

・美肌のためのアルコールとの素敵な付き合い方

肝機能に障害が起こると栄養素の代謝がとどこおり、結果的に肌に悪影響を及ぼしてしまうので、アルコールが大好きという人は、摂取量を守って楽しむように心がけましょう。適度なアルコールの摂取は血行を促進し、食欲を促すなどの作用がありますが、摂取量が多いと皮膚がほてり、じんましんやかゆみを引き起こすことがあります。また、赤ワインには抗酸化物質であるポリフェノールが含まれ、皮膚の老化を遅らせる効果があるので、ワイン選びのときの参考にしてみてください。ビールであれば中瓶1本、ワインはグラス2杯、日本酒は1合までが、1日のアルコール摂取量の目安です。

・間食時におすすめの食材

間食時におすすめの食材は、ナッツ類、妙り大豆、ゆで卵、チーズ、無糖ヨーグルトなど。煮干しもおすすめです。
100キロカロリー以下を目安に低GI値のものを摂るようにしましょう。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

葉酸の栄養素で皮膚の細胞が生まれたり成長したりする

女性の体に欠乏しやすい栄養素として、「葉酸」が話題になったことがあります。葉酸はその名のとおり、とくに葉もの野菜に多く含まれる成分で、皮膚の細胞が生まれたり成長したりするのに欠かせないビタミンです。つ …

no image

糖質の摂りすぎは肌をいためるので注意が必要

・糖の摂り過ぎは肌トラブルの元 炭水化物に含まれる糖は、主にエネルギー源として使われますが、現代人の食生活は炭水化物中心の食事になりがちだったり、さまざまな食品に糖が使われていたりするので、糖質を摂り …

no image

内服できる力プセル状のヒトプラセンタってあるの?

・なぜ、プラセンタでアトピー性皮膚炎が治るの? メカニズムを解き明かす仮説として有力なのは、プラセンタのある成分(未知)が、そのリンパ球にアポトーシスという変化を起こさせる作用があるというものです。ア …

no image

海に行く前にビタミンCを摂取しておくと日焼けを予防できる?

・海に行く前にビタミンCを摂取しておくと、日焼けを予防できる? 紫外線は皮膚の奥に浸透して、健康上好ましくない障害を多く発生させます。そうした紫外線による障害を防ぐために、メラニン色素は紫外線を感知す …

no image

ビタミンCとプロリンというアミノ酸

ビタミンCは、ヒモ状のタンパク質の隙間にある「プロリン」というアミノ酸を、「ハイドロキシプロリン」という物質に変えるときに働きかけます。このハイドロキシプロリンは、コラーゲンのもとのヒモ状のタンパク質 …