雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

傷物ファッションはそう安いものではない

投稿日:

ファッションは常に新しいものに傾きがちだ。とはいえ、あまりに新しく見えるものが耐え難く感じられるのは明らかである。おろしたてのスニーカーのまばゆい白さを許せる人なんかいるだろうか?へルムート・ラングの有名な二七〇ドルのペンキぶちまけジーンズのように、デザイナーは服をめちゃめちゃにすることで性格付けをする。コムデギャルソンは、とても農民らしからぬ四九五ドルのベザント・ドレスを発表したが、ディスカウント・ショッピングのウェブサイト、Blueflyconの評するところではシックなボロ着感漂う品なのだそうだ。

傷物ファッションはそう安いものではない。ジャン=ポール・ゴルチェのレザー・パンツ(一五六〇ドル)やレザー・ジャケットとビスチェのアンサンブル(二七四〇ドル)から、ヴェルサーチのパーティ・ドレス、そして値段的には中程度の靴メーカーであるアルドのレザー・パンプス(七〇ドル)まで、すべてがディストレストなものばかりである。
業界は、みすほらしい傷物じみた装いをディストレスト(わざと傷つけて古びた感じを与えた)、なんだか苦しそうな言葉だと呼ぶようになった。

既製服と言えば量産品ばかりの昨今

CK(カルバン・クライン)やリーバイス、ドルチェ&ガッバーナなどが出している、プラストで焦げ茶の染みを付けたジーンズは、最高で二〇〇ドルもする。実際、同じカルバン・クラインでも、きれいなべーシック・ジーンズより汚れたもののほうが二〇ドルも高いのだ。生地にかすかな色ムラがあるのは、その服がパリのドレスメーカーの手染めである証拠だし、糸の少し盛り上がったところのあるべストは、間違いなくネパールの正統なシエルパの妻たちが手縫いしたもののはず。

ファッション・ヴィクティムは、既製服と言えば量産品ばかりの昨今、手縫いの品には何かもっと魂がこもっていて、ユニークさがあると思っている。新品の服にキズがあれば、店に返品するのが普通である。だが、キズゆえに愛する、という服もある。なかには、生地のダマや斑点はキズではなく、より魅力的に見せるためにわざと加工したのだと説明するタグが付いている場合もある。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈。日本人の場合、一般的にはおしりが隠れる丈が全体のシルエットを美しく見せる。ジャケットにはいろいろな種類がある。代表的なのがテーラード。テーラードのジャケットの場 …

no image

動物愛護かファッションか

自分を穏健な毛皮反対派だと思っていたファッション・ヴィクティムたちは、突然、ファッションに従うか良心に従うかという難しい選択を迫られることになったが、多くの場合はファッションが勝ったのだった。 スーパ …

no image

下着選びに余念がないパリの熟女たち

ラ・ペルラからスーパーマーケット製品まで、パリのお店はセクシー下着のオンパレードだ。近所のモノプリ(スーパーのチェーン)で、すけたレースのランジェリーを選んでいる熟年マダムの姿を見るにつけ、この国の健 …

no image

ファッションメディアの問題点は

ファッション・ショーにモデル、新商品、トレンド、セレブ。ファッション報道はこれでもかってくらいあるけど、公平さと責任を持ったジャーナリスティックな目で報道してる出版物はほとんどないわね。ファッション・ …

no image

最新トレンドファッションを追いかけるのに精一杯のうちは

富裕層がありあまるほどの服を持つのは昔から当たり前のことであり、ジョージ・エリントンは、一八七〇年の著書ニューヨークの女性にこう記している。エリートは同じ服を一度着ない、裕福な女性の場合には毎日服が二 …