雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

キツネに従順さを求め続けたある実験

投稿日:

わずか二〇世代の交配で、科学者たちは家畜化されたおとなしいキツネを作りあげることができた。この交配実験からいくつか驚くべき結果が生まれた。彼らは人間から逃げようとはせず、逆にふれあいを求め始めた。その行動において、家畜化されたおとなしいキツネは非常に犬に近い特徴を示した。彼らはまた人間の顔を紙めるようになり、キャンキャン鳴いたり犬のような吠え声をたて始めた。家犬が尻尾を振るときと同じような状況に反応して、尻尾を振るようにもなった。

この研究で興味深いのは、犬と交雑することなく、家畜化されたキツネが行動的にも身体的にも犬と同じ特徴をもつようになった点である。ここから従順さ(キッネもその点で選び出された)を生み出す遺伝因子は、ある別の遺伝的素因と結びついているらしいことがわかる。身体的な変化さえ起こった。雌は家犬と同じように一年に二度発情期を迎えるようになった。

イス族は中近東各地に広く分布

なかには犬のように耳が垂れたものも生まれたが、残念ながら、この実験では、次第に毛皮に雑多な色が混じり始め、市場価値が失われてしまったようだが。こうした遺伝的相関関係の例は、数多く見られるようだ。ディンゴ、野生犬、パリア家犬の祖先と考えられるイヌ科動物の最後の仲間は、野生犬と呼ばれる種族である。その特徴は、三角形の顔、頭のかなり前の部分についた立ち耳、平たい額、そして額から鼻筋にかけて、はっきりとしたくぼみがあること。

このイス族は中近東各地に広く分布し、アフリカ、オーストラリア、南アジア(マレーシアおよびインドを含む)にも多く見られる。残念ながら、オオカミ、ジャッカル、キツネ以上にこれらイヌ科動物の知能についてはわかっていない。白い犬は聾になりやすいという事実があり、被毛の色と感覚器官をつかさどる遺伝子とのあいだに関連があることが示されている。これがすべてのイヌ科動物についていえるとすれば、おとなしいオオカミ、ジャッカル、野生犬を交配し家畜化すれば、彼らもまた犬に似た身体的心理的特徴をもつようになるはずである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

畜犬登録は必ず必要な義務

畜犬登録は、生後日以上の犬の飼い主すべてに義務づけられた登録です。狂犬病予防接種を受け、その「注射済証明書」を持って、初日以内に市区町村の役所や出張所、保健所に出向き、手続きをします。飼い犬が登録料は …

no image

ペットとの共生社会実現をビジネスを通じて行う

「ビジネスを通じてペットとの共生社会実現」に努力しているユニークな店や会社があります。2005年7月、東京都世田谷区が「人と動物との調和の取れた共生推進プラン」を策定しました。これは前年6月に施行した …

no image

犬の流動性知能を鍛えるには?

犬の流動性知能を増加させるには、たくさんの方法がある。最も簡単なのは、犬を新しい環境に移し、安全で統制のとれた状況のもとで新しい刺激パターンを経験させることである。豊かさを増すためのプログラムは、若い …

no image

落盤から救出した犬のお話

落盤から救出した犬のお話。トロント大学で講師をしていたことのあるイアン・カリーは、霊的なきずなの顕著な例として、ウェストヴァージニア州の年老いた炭坑夫と、暗いトンネルに住む嵐という犬の物語を教えてくれ …

no image

愛犬の健康管理はあなたしかできない

家族の誰かがリーダーにならないと、大は不安でたまらない。愛犬に家族の誰がリーダーなのかを教えるためには、しつけをしなければならない。それにより愛犬はリーダーが誰かわかり、安心して生活できるようになる。 …