雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

キツネと犬の違いはどこ?

投稿日:

イス科のほかのメンバーと異なり、キツネは獲物のあとを走って追いかける狩りはしない。その代わり彼らはネコのように足音を忍ばせてこっそり獲物に近づき、いきなり飛びかかる。子ギツネは、タカやワシなどの猛獣類にさらわれることも多い。キツネは臆病な獣で、オオカミ、ヤマネコなど犬型の食肉獣の餌食になりがちである。キツネと犬の関係には多くの不明な点がある。たいていのキツネの頭蓋骨は、(顔がキツネに似ている場合も)犬と非常に異なっており、両種のあいだにほとんど関連のないことが暗示されている。

実際キツネの瞳孔は細長い線状で、そのため、まるでネコのような印象を与える。このような瞳孔の形は現在の家犬のいかなる種類にも見られない。ほかの点では信頼できる報告が、まれにキツネと犬が交雑してたくさんの子孫を残した例を記していることもある。これはキツネの中には分類がむずかしい種があり、オオカミの分類と同じく微妙なところがあるためであろう。キツネとその他のイヌ科動物のちがいでは、キツネは一年の犬半を単独ですごし、発情期にだけ集まる。

発情期以外は穴に棲むことはなく

特別、発情期以外は穴に棲むことはなく、草むらや茂みに身を隠して眠る。彼らが立派な尾を持っている理由はここにある。キツネは尻尾をまさに素晴らしい毛皮のショールのように身体に巻きつけ、暖をとる。もっと重要なのは、ヨーロッパ、北米、北アフリカに広く分布するふつうのアカギツネは、遺伝子の数が犬と異なっている点だ。

この事実は犬とキツネの交雑が不可能であることをはっきりと示している。ロシアでおこなわれたキツネの研究で、家犬の発生に直接関わるような興味深い報告がある。シべリアの研究所で、生物学者がギンギツネを家畜化し、囲いの中で繁殖させて美しい毛皮を確保しようと考えた。野生のキツネはすぐに唆みつき、隣経価なところがあるので、おとなしい性格のものを繁殖させることにした。つまりなつきやすいキツネだけを交配させたのである。遺伝子の構成がジャッカルやオオカミに近い種類のキツネとのあいだでは、交雑も可能になるのかもしれない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物は果たして意識を持った存在なのか?

犬に思考能力がないなら人間にもそれはない、ということにならないだろうか。デカルトの主張の中には、思考能力のある存在をたんなる機械と区別するために使われた、検証にもとづくものもある。デカルトの理屈を裏返 …

no image

ペット病院の治療のレベルを上げるための会社

ペット病院の治療のレベルを上げるための会社。 ・ペット病院の医療レベルを上げるために ペットの医療ミス発生率は人間の数倍に上るとの指摘もあるほど。ペット病院の約七七%が個人医療施設、すなわち個人医院で …

no image

人間と犬の初期のかかわりとその歴史

イラクで発見された化石とほぼ時代がかさなる考古学的発見から、犬がすでに番犬や伴侶として存在したことが推測されている。初期の人間と犬との関わりを示す証拠は、多くの場所で見つかっている。イス科に関する最も …

no image

ハウスや犬のしつけなど

犬も自分だけの安息の場所が必要です。犬がハウスの中で休んでいるときは、ちょっかいを出さないこと。ハウスはケージやサークルのほか、運搬用犬舎でも0K。また、ハウスは来客があったときなど、犬を一時的に入れ …

no image

ハムスターにアロマテラピーで免疫力アップ

・免疫力アップにアロマテラピーも有効 ラベンダーやユーカリなどの工ッセンシャルオイルを使ったア口マテラピーは、ストレス解消だけでな、ハムの免痩力も向上するとの報告があります。現在、一部の動物病院で成果 …