雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

キツネと犬の違いはどこ?

投稿日:

イス科のほかのメンバーと異なり、キツネは獲物のあとを走って追いかける狩りはしない。その代わり彼らはネコのように足音を忍ばせてこっそり獲物に近づき、いきなり飛びかかる。子ギツネは、タカやワシなどの猛獣類にさらわれることも多い。キツネは臆病な獣で、オオカミ、ヤマネコなど犬型の食肉獣の餌食になりがちである。キツネと犬の関係には多くの不明な点がある。たいていのキツネの頭蓋骨は、(顔がキツネに似ている場合も)犬と非常に異なっており、両種のあいだにほとんど関連のないことが暗示されている。

実際キツネの瞳孔は細長い線状で、そのため、まるでネコのような印象を与える。このような瞳孔の形は現在の家犬のいかなる種類にも見られない。ほかの点では信頼できる報告が、まれにキツネと犬が交雑してたくさんの子孫を残した例を記していることもある。これはキツネの中には分類がむずかしい種があり、オオカミの分類と同じく微妙なところがあるためであろう。キツネとその他のイヌ科動物のちがいでは、キツネは一年の犬半を単独ですごし、発情期にだけ集まる。

発情期以外は穴に棲むことはなく

特別、発情期以外は穴に棲むことはなく、草むらや茂みに身を隠して眠る。彼らが立派な尾を持っている理由はここにある。キツネは尻尾をまさに素晴らしい毛皮のショールのように身体に巻きつけ、暖をとる。もっと重要なのは、ヨーロッパ、北米、北アフリカに広く分布するふつうのアカギツネは、遺伝子の数が犬と異なっている点だ。

この事実は犬とキツネの交雑が不可能であることをはっきりと示している。ロシアでおこなわれたキツネの研究で、家犬の発生に直接関わるような興味深い報告がある。シべリアの研究所で、生物学者がギンギツネを家畜化し、囲いの中で繁殖させて美しい毛皮を確保しようと考えた。野生のキツネはすぐに唆みつき、隣経価なところがあるので、おとなしい性格のものを繁殖させることにした。つまりなつきやすいキツネだけを交配させたのである。遺伝子の構成がジャッカルやオオカミに近い種類のキツネとのあいだでは、交雑も可能になるのかもしれない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に話しかけることで起こる一定の行動と結びつく効果

犬の生活と密接した行動に移る場合、大事なことは話しかけることである。犬に餌を与えるときは、食事ごはん食べたい?ごちそうべランダで食べようなど言葉はなんでもかまわない。肝心なのは、ひとつの言葉を選んだら …

no image

チェサピークベイレトリバーについて

チェサピークベイレトリバーをご存知だろうか。この犬種は、赤い雄と黒い雌という二頭の子犬が始まりだった。二頭は一八〇七年にメリーランドの海岸に打ち上げられたイギリスの難破船から救い出された。生まれた子犬 …

no image

犬の科学的なトレーニング方法

犬の科学的なトレーニング方法について紹介しましょう。犬の科学的なトレーニング方法に、ファントレーニングという犬のトレーニング法があるようです。 犬に怖い思いをさせるような体罰は一切使わないトレーニング …

no image

馬が計算を解いた-賢いハンスの話

馬が計算を解いた。賢いハンスの話だ。最初は飼い主がなにかトリックを使っているのだろうと考えられた。しかし、ハンスの知らない人間が問題を与え、飼い主が姿を隠していても、彼は同じように簡単に、また正確に問 …

no image

猫はそのつらい体が許すかぎりの速さで彼女のもとへやってきた

一九五五年四月、職場を変えた正看護婦のヴィヴィアン・オールグッドは、オハイオ州サンダスキーからフロリダ州オーランドへ引っ越さなければならなくなった。愛するペットと別れざるを得ない状況というのはいつも悲 …