雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

季節や気温と服装のズレに困ったら

投稿日:

・季節と気温のずれに困ったら

暦の上ではもう秋なのだけれど、実際には真夏のように暑い。この季節と気温のずれには困ってしまいます。さて、何を着ようかと、迷うことがありませんか?季節がどうであろうと、暑いときには涼しい格好をすればいいじゃないか。そういう割り切り方もあるでしょう。日本人の美意識には、季節感を大切にしたいという思いもあります。本当に困ってしまいますね。

そういうとき、私自身はシャツを着ることにしています。木綿や麻の、長袖のシャツとパンツ。白無地のこともあれば、やや太い紺などの縞柄もあったりします。なんの変哲もないシャツとパンツですが、私としてはシャツ・ジャケットのつもりなのです。襟はワイシャツ型で、別に奇をてらったものではありません。ただひとつだけ変わったところがあって、シャツの裾をパンツの外に出して着る。そのためもあって、シャツの裾はワイシャツ型ではなく、水平にカットしたものを選びます。

たしかに上着は着ていませんが

つまり本当はシャツなんだけれど、今はそれをジャケット風に着ているんです、と。素肌の上に直接シャツを着るわけですから、快適です。私自身は勝手にこのシャツ・ジャケットが気に入っています。汚れたなら、洗濯機で洗って、自分でアイロンがけをすれば良いわけですから簡単です。クーラーのきいた部屋でも寒いということはありません。たしかに上着は着ていませんが、さりとてそれほど失礼な格好でもありません。

おしゃれとはまず自分自身の心地良さが基本にあるべきです。もう少し自由な発想をしても良いのではないでしょうか。まとめポイントとしては、自分の心地良さを基本にして、自由な発想で楽しむ、シャツの裾をパンツの外に出して着るなどといったことです。よく、おしゃれのために我慢が必要ということで、寒いのに無理に薄着をしたりする人がいますが、体に良くないのでやめたほうがいいと思います。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

グレーのコーデ術-リクルート姿になってしまわないために

ピンクがかったグレー、ブルーがかったグレー、グレーベージュなど、いろんなグレーがあります。そのどれもが、単なるグレーにあった堅い雰囲気がなく、クールでいてエレガントなイメージ。いままでは、リクルートス …

no image

ファッショントレンドの大きな流れ

トレンドは、ひとつひとつのはやりもの(インディアン・ビンディ、ターコイズ・ジュエリーなど)からもっと大きな流れ(細めのネクタイ、短めの水泳用トランクス、テーパード・パンツなど)まで、あらゆるものを網羅 …

no image

ファッションの理想像と現実の体型の対立

一九九五年のサイコロジー・トウデイの研究では、ファッション誌のモデルをわずか三分眺めただけで、被験者の七〇%が罪悪感と差恥心を抱いて落ち込んだという結果が出たという。ファッションが一因とされる社会問題 …

no image

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという …

no image

ブラジャーの圧迫と病気との関係

子宮の内側を覆っている内膜組織とよく似た細胞が、など子宮以外のさまざまな場所に、小さな良性の病変をつくるのである。こうした病変は実際の子宮内膜と用し、月経周期に反応して剥がれ落ちようとするのだが、行き …