雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

季節や気温と服装のズレに困ったら

投稿日:

・季節と気温のずれに困ったら

暦の上ではもう秋なのだけれど、実際には真夏のように暑い。この季節と気温のずれには困ってしまいます。さて、何を着ようかと、迷うことがありませんか?季節がどうであろうと、暑いときには涼しい格好をすればいいじゃないか。そういう割り切り方もあるでしょう。日本人の美意識には、季節感を大切にしたいという思いもあります。本当に困ってしまいますね。

そういうとき、私自身はシャツを着ることにしています。木綿や麻の、長袖のシャツとパンツ。白無地のこともあれば、やや太い紺などの縞柄もあったりします。なんの変哲もないシャツとパンツですが、私としてはシャツ・ジャケットのつもりなのです。襟はワイシャツ型で、別に奇をてらったものではありません。ただひとつだけ変わったところがあって、シャツの裾をパンツの外に出して着る。そのためもあって、シャツの裾はワイシャツ型ではなく、水平にカットしたものを選びます。

たしかに上着は着ていませんが

つまり本当はシャツなんだけれど、今はそれをジャケット風に着ているんです、と。素肌の上に直接シャツを着るわけですから、快適です。私自身は勝手にこのシャツ・ジャケットが気に入っています。汚れたなら、洗濯機で洗って、自分でアイロンがけをすれば良いわけですから簡単です。クーラーのきいた部屋でも寒いということはありません。たしかに上着は着ていませんが、さりとてそれほど失礼な格好でもありません。

おしゃれとはまず自分自身の心地良さが基本にあるべきです。もう少し自由な発想をしても良いのではないでしょうか。まとめポイントとしては、自分の心地良さを基本にして、自由な発想で楽しむ、シャツの裾をパンツの外に出して着るなどといったことです。よく、おしゃれのために我慢が必要ということで、寒いのに無理に薄着をしたりする人がいますが、体に良くないのでやめたほうがいいと思います。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ミンクを逃がし、不法侵入と損壊

きっとスイート・コーンや黄金に輝く麦がたわわに実るだろうと思われるエパーツ農場。近隣の農家と違って、ここで生産されているのはこうした美味しい作物ではなかった。ゴールデン・エーカーズの一角にあるこの農場 …

no image

インナーはノースリーブがおすすめなワケは?

ディナーなどで、ちょっと肌を見せて華やかにしたいときに、ノースリーブは便利です。二枚で着たときに、腕の部分に変なもたつきを出さないためにも、インナーはノースリーブがおすすめ。ノースリーブですと、ジャケ …

no image

かぶりやすい帽子を買って自分の頭の一部にしよう

よし、帽子をかぶろう!と決心すると、たいていの人が一流の帽子店へ行って一流の帽子を買おうとする。これが最初の間違いです。また、帽子は大切な頭を保護し、暑さ寒さを調整し、風や雨を防ぎ、さらには薄毛や白髪 …

no image

レッドカーペットのファッションを批評していたキャスターや専門家

二〇〇二年度グラミー賞授賞式の翌朝、CNNはCNNグラミー・ガーブ(衣装)、当たりとハズレと題したコーナーを設けた。そこでは、モーニング・ショーのキャスターとふたりのファッション専門家が、レッド・カー …

no image

パブリシティ効果に驚いた企業が意識した番組

ごひいきアーティストに変身してなりきりプロモーション・ビデオが撮れるという、ファンにはしい番組がある。このMTVの番組ビカミングでは、出演者が部屋いっばいに並べられたプレゼントをもらえるため、毎回必ず …