雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

規律を守らせるには-押しつけないで守らせる

投稿日:

テントなしの野営の場合、子ども達も怖がるかもしれない。日が暮れても、引率者の心労は終わらない。深夜までおしゃべりが続いて、こちらが睡眠不足になってしまう。子ども達は皆、この新しい体験にすっかりハイになっているのだ。テントのジッパーは傷みが早い。乱暴に扱うから、ジッパーもスムーズに動かなくなり、ますます力まかせにして結局破ってしまう。夜、食料は全部木の間に吊り下げる。

お腹を空かせた野生動物が、吊ってある食料をなんとか奪取せんと奮闘し、ザックにも鼻を突っ込んで嗅ぎ回る。ザックがあると、どういうわけかテント内が無茶苦茶にされてしまう。各自ザックはテントの外に保管する(衣類と装備をビニール袋に入れて持ち込む)。ある人は20年以上も、スカウトをカヌーツーリングに引率してきた。けれど一度も子ども達の夜ふかしに悩まされたことはないという。皆、疲れきってますからねと彼は言う。1日中盛りだくさんのスケジュールで、夜ふかしの体力なんて誰にも残っていないという。

規律を押しつけないで守らせる

何日も続くバックパッキングなら、問題はすぐ解決するはず。不十分な睡眠量が翌日どんな形で返ってくるか、身をもって知ることになるから。冬山キャンプでは、朝、時間を過ぎても寝ている者は、雪の玉をシュラフに突っ込まれるので油断ができない。規律を押しつけないで守らせる、そんなミッチのやりかたを子ども達は慕い、アウトドア・トリップは成功に終わるのだ。

消灯時間というものはないが、どんなに睡眠不足でも起床は6時厳守である。大人も禁き火を囲んでビールなど飲んでいないで、子ども達と同じ時間にさっと寝る。見本を示しているわけだ。また、目についたゴミはすべて、必ず拾うことをルールとしよう。ゴミの処理方法は、徹底的に訓練しておこう。卵の殻、みかんの皮、そのほかすべてをゴミ袋に入れる。食べ残しのサンドイッチや、キャンデイの包み紙を、そのへんに捨てるふとどきな子もいるのだ。山や仲間に思いやりをもっていれば、無神経なゴミを出すこともなくなるはずだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子どもも大きくなれば寝袋を大人用にしたほうがいい

アウトドアでテントを張ったら、子供をシュラフで寝させることもあるだろう。息子のブライスは、寒いとシュラフの奥まで潜ってしまい、酸欠になりはしないかとハラハラさせた。私達は夜中何度も気になって目を覚まし …

no image

胎児にエクササイズ運動はどう影響するのか?

母体の活動に対し、胎児心音がどう変化するかを研究した結果がある。自転車エルゴメーターでのエクササイズ中に、超音波で胎児心音をモニターしたものだ。エクササイズは、母体にはいろいろよいことがあるが、胎児に …

no image

ロングトレイル、ハイキングに子どもと一緒に行くのなら

ハイクではまず様子を見てみよう。小さな子でもこれくらいの距離なら大丈夫だ。いざというときにはキャリアのお世話になる。トレイルのコンディションは、計画の前に調べておこう。また雷が多発する時期や地域では、 …

no image

ツーリングの宿泊を旅館とキャンプ場の両方をうまく利用する

ツーリング中の宿泊を、旅館や民宿にすると、シュラフやテントを持たずにすむ。もっともこれだと、気が向いたところにふらっと立ち寄って、のんびりそこで夜を過ごすことは不可能だ。しかし、旅館とキャンプ場を両方 …

no image

キャンプにはランタンがおすすめ

夜のキャンプには、ぜひとも欲しいものがランタン。ランタンは、キャンプの色々な場面で役に立つアイテムである。さまざまなタイプのものがでてるが、ストーブとの燃料統一ができるものを選びたい。ただし、必要以上 …