雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

金星に接近-地球から星を見に行ったマゼラン

投稿日:

金星に接近-地球から星を見に行ったマゼラン。

金星は、地球に一番近い公転軌道を持つ星である。金星は、太陽に近いほうから数えてみると、2番目の星となる。

金星は地球と大きさが同じ位の星であり、一九八九年にマゼランという惑星探査機が金星に送り出されている。

一九九〇年八月、マゼランは金星に接近し、周回軌道に入り、金星表面の地形をくっきりととらえた最初の画像を送信してきた。そして一九九二年十二月、四回目のマッピング段階に入った。

一九八九年五月、NASAは十一年ぶりに惑星探査機マゼランを金星に送り出した。マゼランにはこれまでの約十倍(百メートル)もの解像力を持つ超高性能レーダーが備えられており、南極部を除く金星全表面の九十パーセントを超える詳細な地形図を送信してくる計画であった。

マゼランからこれまでに送られてきたデータによって、惑星科学者の間で最も関心が持たれていた問題、「金星にも地球のようなプレートテクトニクス(地殻の運動)があるのかどうか」にやっと決着がつけられた。

金星の地表面は大規模な環状構造

追記探査機マゼランのその後のマッピングによって、金星に接近した結果、地表面は大規模な環状構造であるコロナやパンケーキ様のドーム状地形あるいはテスラとかCRTと呼ばれる峰や谷が複雑に交差した変形地域の存在していることがわかってきた。

地球に比べればずっと多くのクレーターが地表を覆う。しかし高温高圧の大気のせいか、金星のクレーターには小さいものがなく形状もかわったものがみられる。

金星地表には、千五百を超える火山地形が一様に分布し、クレーターも一様に分布した形で九百近く存在する。このことから金星の地表が五億年程度と若く、そのメカニズムは不明だが、五億年くらいで地表の更新が繰り返し起こっていることを示唆している。

金星では地球とまったく異なるスタイルの分化と物質循環のプロセスが存在するということであり、プレートテクトニクスは存在しないことが明らかになったのだった。金星に接近して調査した結果、色々なことが分かってきている。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ダーウィンが種の起源を発表したのは

ダーウィンが『種の起源』を発表したのは、その理論の着想を得たガラパゴス諸島の旅から帰って二十三年後の一八五九年だが、彼はこの著作によって「初期の天文学者たちが受けた迫害」を自分も受けるかもしれないと覚 …

no image

宇宙初期の火の玉の残光はマイクロ波として

一九六四年七月から翌年四月ごろにかけて、装置や地面からの雑音でないことを丹念にチェックしながら観測をつづけ、その強度はアンテナが宇宙のどの方向をむいていても一定であることを確かめた。一九六四年、米国ニ …

no image

コンピュータに明示的なプログラミングを与えることなしに学習させる

今日、われわれはあらゆる宇宙の探究において、コンピュータなしではないところまで来ている。かつてこのような道具を、人間は手にしただろうか。アラン・チューリングは、コンピュータに明示的なプログラミングを与 …

no image

反物質というのはいま加速器でつくられますから

反物質というのはいま加速器でつくられますから、地上でいくらでも実験できるわけですが、物質と反物質がいっしょになって消滅するときのぐあいはこと細かに分かってる。そのときガンマ線が非常に強く出るということ …

no image

アインシュタインがニュートン力学を捨てた

アインシュタインは、電気、磁気の学問をニュートンの力学で基礎づけ説明するのではなくて、電気、磁気の学問のなかに含まれているものをむしろ基礎に考えて、ニュートン力学を変更する、と。こうすれば無理がなくて …