雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

聞き手の効果と段階

投稿日:

一般的には、聴き手とはどんな本質と特質をもっているかを考えなければなりません。話すとき、気をつけなければならない、代表的なポイントをいくつかあげておきます。

男性よりも女性のほうが、話の場ではよほど注意しないと特定の人だけに話が片寄ります。極端な場合、独演会になる傾向にあります。その前提として、聴き手というのはどんなものかを知る必要があります。

人が話を聴こうとして、耳を傾けるとき、話し手と親しくなりたい、なんらかのかかわりをもちたい、という気持ちを本質的にもっているものです。その気持ちをつかむような話し方に心がけることです。これは本当に大事なことです。

場の支配を受けやすい場の作成は聴く労働を緩和するということもありますが、聴き手が話に意識を集中できるようにする意味もあります。つまり、話しやすい場、聴きやすい場の作成を考えるということです。それができなければ、その場が変わり、話す障害がなくなるような状況になるのを根気よく待つことです。

話を聴くということはたいへんな労働

話を聴くということはたいへんな労働です。体の労働、目の労働、頭の労働が複合的になされます。そのため、だんだんあきてくるのです。それを克服するためには、頭の労働を緩和するように、具体的に話すことです。また、感情に訴えて興味をひくようにすることです。

聴く気持ちは変わりやすい同じことを同じように繰り返されると、そのうちに心理的な飽和状態になるものです。話し手は強弱、高低、緩急、抑揚など起伏を考える必要があります。それができなければ、はやく切りあげるタイミングを考えなければなりません。

理解はどの程度か相手にわからなければ、発声練習で終わってしまいます。逆にやさしすぎても
興味をそいでしまいます。何を聴きたがっているか話す目的まで変えて相手に迎合する必要はありませんが、相手が聴きたくないことを話しても意味ありません。同じことでも聴きたい面や表現の仕方、例話などがあるものです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

話が下手な人の悪い特徴

話の下手な人と話していると、よけいなことまで気を遣わなくてはならないので、聞くほうも疲れてしまいます。だからついその人と話をしたがらなくなってしまうのです。自分は話が下手だと思っている人が、何となく仲 …

no image

好奇心がなくなったのは年齢のせい?

好奇心というのは珍しいものや未知の事柄に向けられた興味のときめきです。まあ、ビックリ?それ、どういう意味なの?教えて。なぜ?どうして?知りたいわ、そうすることで、知識を吸収し、幸せのタネをみつけたりす …

no image

他人と違うことを恥じる必要はない

他人と異なる部分を恥じる必要はありません。とがった部分やデコボコの部分こそが個性であり、あなたらしさです。そのことを自覚し、アピールしましょう。自分の個性について知るためには、自問自答の習慣を持つこと …

no image

「事実」なのか、「価値観」なのか、「行動の提案」なのか

主張と根拠には、いくつかの種類があります。まず、主張とは、そもそも何なのでしょう。論理を語る話し方は主張と根拠。このセットが適切にそろっていないと、言いたいことがうまく伝わりません。会社での同僚同士の …

no image

会話の習慣を変えることで人の考え方や発想や思考回路は変わる

会話の習慣を変えることで、人の考え方や発想や思考回路は変わるはず。開我、すれば、人は成長できるはず。いくらそう騒いでもそれはまだ、はず、という仮定にすぎなかったのです、というある話し方スクールの先生。 …